大人かわいいを楽しむ美容メディア

妊娠中のバストケアは必要?妊娠前のバストに戻るための対策

妊娠中のバストケアは必要?妊娠前のバストに戻るための対策

産後ママさんの多くが悩みを抱えるのは、妊娠前とは大きく変わってしまったバスト。

妊娠中のホルモンの作用によって大きくなったバストが、産後からだんだんと乳腺が減少していくことで、皮膚が伸びて萎んでみえてしまったリ、垂れ気味になってしまったり、ハリがなくなってしまったりと、ダイナミックに変化してしまいます。

産後のバストケアはもちろん大切ですが、大きく変化していく妊娠中にもバストケアは欠かせません。妊娠前のような若々しいバストへと戻るための対策として、妊娠中からバストケアをしておきましょう。

今回は、妊娠中のバストケア方法・対策をご紹介していきます。プレママさん必見です!

妊娠中にもバストケアが必要なのはなぜ?

よく耳にするのは、産後のバストケア。
妊娠中もバストケアが必要なの?と疑問を持たれる女性も多いでしょう。その理由は、バストが垂れる原因のひとつとなる「クーパー靭帯」にあります。

クーパー靭帯の説明画像

クーパー靭帯とは、バストの脂肪や乳腺を支えているコラーゲン腺維の束のことで、胸筋とバストを繋ぐ重要な役割も持ちます。そのため、クーパー靭帯が切れてしまったり、伸びてしまうと、バストが下垂れしてしまうのです。

さらに注意しておきたいのが、クーパー靭帯が一度切れてしまったり伸びてしまうと、元に戻すことはできないということです。つまり、綺麗なバストの形をキープするには、クーパー靭帯を伸ばしたり、切れてしまわないように気を付けることが大切なのです。

クーパー靭帯が切れて垂れ乳になってしまった画像

クーパー靭帯へ負担をかける原因となるのは、激しい運動によるバストの揺れや、加齢によって衰えてしまうことなどがありますが、もう一つ妊娠中にも関わってくることがあります。

それは「バストの重さ」です。

日常の重力による影響すらも受けやすいクーパー靭帯は、急激に大きくなったバストによってさらに負担をかけてしまうことになりますそのため、大きくなったバストに合ったブラジャーで支えることが下垂れしない重要な対策となります。

また、顔の肌と同じように、バストの肌にも老化対策は必要です。
産後、女性ホルモンのバランスが崩れてくる前に、バストの肌もコンディションを整えておくことが大切です。

注意!妊娠中にしてはいけないバストケア

妊娠中のバストケアをご紹介する前に、注意しておきたいバストケアをチェックしておきましょう。

妊娠中には、女性ホルモン「プロゲステロン」の働きが活発になり、もうひとつ「エストロゲン」が減少します。これが赤ちゃんを育てていく環境となるのです。

バストアップサプリには「エストロゲン」に働きかける成分が含まれているものがあるため、妊娠中に服用することはとても危険です。他にも産後ケアとして紹介されているものでも、妊娠中にはしてはいけないバストケアが多くあるので注意が必要です。

注意を促す女性

また、バストアップ法として紹介されているマッサージや筋肉トレーニングも控えましょう。筋肉トレーニングはしてはいけないというよりは、出来ない方が正しいかもしれませんが、バストアップマッサージも乳腺や乳首に刺激を与える場合があるので気を付けましょう。

× バストアップサプリ
× バストアップマッサージ
× 垂れ乳防止の筋肉トレーニング
× バストアップ体操

バストを改善するのは産後からのケア、妊娠中のバストケアは防止対策である、ということを忘れないでください。

産後のしぼんだバストを防ぐ妊娠中のバストケア

妊娠中の母に寄り添う子供

さて、本題となる「妊娠中のバストケア」について紹介していきたいと思います。産後のしぼんだバストを防止する対策は2つ!プレママさんはぜひ、取り入れてみて下さいね。

① 大きくなったバストに合ったブラジャーを付ける

バストの下垂れの原因となるクーパー靭帯を守るためにも、バストの大きさに合わせたブラジャーが大切です。
妊娠中には、乳腺が発達するためバストが大きく変化していきます。妊娠前~授乳中にかけて平均で2~3カップほど変化するといわれています。中には、4カップほど大きくなった!というプレママさんもいるようですね。

このように、数十ヶ月で大きく変化していくバストを支えるためには、その時々のバストに合ったブラジャーを変えていくことが、クーパー靭帯を守る対策となります。

妊娠前、妊娠中、授乳中、卒乳後にかけてバストサイズが変化していくので、きついと感じたら必ずブラジャーサイズを変えましょう。変化するサイズが2~3カップとした場合、目安としては妊娠6ヶ月までには1~2サイズ大きいもの、妊娠7ヶ月以降は2~3サイズ大きいものを選ぶと良いでしょう

つるんと胸キレイ!マタニティ&授乳ブラ

マタニティ&授乳ブラ

販売価格:2,990円(税込)

プレママさんにおすすめなのは、授乳服&マタニティ服の専門通販サイト「MilkTea(ミルクティー)」から発売されている「つるんと胸キレイ!マタニティ&授乳ブラ」!
特にデリケートになっている妊娠中のバストへ刺激を与えないように、内側は柔らかいコットン100%で出来ています。
さらに、ノンワイヤーで着け心地は軽いのに、幅広い面積を持つアンダーによってバストをしっかりとホールドしてくれます。マタニティブラによくあるタンクトップブラとは違って、重みのあるバストもきちんと支えてくれるので、クーパー靭帯が伸びたり、切れたりすることを防いでくれます。

サイズは「M・L・XL」から選ぶことができるので、産後の授乳ブラとしてもおすすめです。ワンタッチで外せるので、簡単に授乳口も出すことができます◎

② バストの肌へ保湿する

バストの肌も、顔の肌と同様に、乾燥すると弾力やハリがなくなり、たるみへと繋がってしまいます。お風呂上がりのスキンケアと一緒に、化粧水やクリームを塗ってしっかりと保湿しましょう。産後からしぼんでくるバストの対策としても、肌コンディションを整えることが大切です。

バストに、ニキビや吹き出物が出来ていたり、ベタつきが気になるという方はローションタイプがおすすめです。

妊娠中のバストケアから始めよう

今回ご紹介したのは、妊娠中のバストケア方法でした。産後のバストの垂れやたるみを防ぐためにも、早いうちからのバストケアが大切です。

また、バスト垂れに深い関わりを持つ「クーパー靭帯」は、横になっている睡眠時にも気をつけなければいけません。
おすすめのマタニティブラは、ノンワイヤー構造になっているため、ナイトブラとして使っても窮屈に感じないブラジャーです。若々しいバストを守るためにも正しいブラジャーサイズやバストの肌に保湿することを、ぜひ取り入れてみて下さいね。