大人かわいいを楽しむ美容メディア

【脂性肌さん向け】洗いすぎに注意!正しい洗顔方法

【脂性肌さん向け】洗いすぎに注意!正しい洗顔方法


毛穴の汚れや黒ズミ、皮脂などを取り除く役割のある洗顔!
スキンケアの中でも一番初めに行う、重大任務です。汚れが落ちていなければ、その上から良い成分の入った化粧水や美容液を使っても効果が最大限に発揮されません。

特に皮脂が多い状態にある脂性肌(オイリー肌)の人には、洗顔が改善のカギを握っているといっても過言ではないでしょう。

しかし、間違ったスキンケアを行っているとそれが原因となり、脂っぽさが増したり、毛穴トラブルが悪化してしまうことになってしまいます。

そこで今回は、知っているようで知らない正しい洗顔方法を紹介します。脂性肌さん向けのおすすめの洗顔料もご参考にどうぞ♪

脂性肌とは皮脂が多い状態

脂っぽいべたつきのある脂性肌は、通常よりも皮脂が多い状態にあります。
本来、皮脂の働きは、外部の刺激から肌を守る役割があり、肌にとって欠かせない存在です。

しかし、なんらかの原因により女性ホルモンや男性ホルモンのバランスが崩れると、皮脂が過激に分泌されてしまいます。必要以上に多く発生した皮脂は、毛穴トラブルやニキビの元となるアクネ菌を繁殖させる原因に繋がってしまうのです。

※遺伝的な可能性も

いくつかの原因が考えられる脂性肌ですが、遺伝的な場合もあります。生まれつき皮脂腺が大きいことで、皮脂の分泌が多くなってしまいます。

だからといって皮脂を取りすぎてはダメ!

皮脂が多いなら取り除くために洗顔を多めにしよう!という人を多くみかけますが、脂性肌にとってそれはNGです。

確かに、皮脂を減らすことも大切ですが、反対に皮脂を取り除いてしまうと脂性肌を悪化させる原因に繋がってしまいます。肌を守る働きのある皮脂は、刺激を感じてしまい、さらに多くの皮脂を分泌してしまうのです。

脂性肌に限らず、適度な洗顔が良いと言えるでしょう。

洗顔は多くても1日2回が原則

洗顔は、多くても朝と夜の1日2回が適度な回数といわれています。
乾燥が原因となるオイリードライ肌(乾燥性脂性肌)や敏感肌の人には、朝はぬるま湯でそそぎ、夜のみ洗顔料を使うだけでも充分です。

洗顔は、あくまで「余分な皮脂や汚れを落とすためのもの」です。
洗顔をしたからといって肌が良くなるわけではありません。いくら刺激の少ないものでも肌への刺激は、多少たりともあるわけなのです。

極力、肌へ刺激を与えないように1日2回までの洗顔にしましょう。

洗顔方法 – 1. 洗顔前に蒸しタオルをする

脂性肌の洗顔のポイント1つ目は、洗顔前にするちょっとした工夫にあります。

それは、家にあるもので簡単にできる「蒸しタオル」!
洗顔直前にすることで毛穴が開き、肌に負担の少ない水洗顔や洗顔フォームでも、皮脂や汚れが落としやすくなります。

また、毛穴汚れや黒ズミの改善効果だけでなく、温めることで血行が良くなり、新陳代謝が活発になることで「目の疲れ」「むくみ」「肩こり」などにも効果があると言われています。

蒸しタオルの作り方

①ハンドタオルを準備して、水をひたひたになるまで含ませます。

ハンドタオルは厚手のものがおすすめです。水分を多く含むだけでなく、冷める時間も遅くなるため、長く使うことができます。

②濡らしたタオルを絞り、おしぼり状にくるんでいきます。

③レンジ500wで1分温めます。


電子レンジ使用可能のジップロックなどに入れて温めると水分の蒸発も防ぐことができて、取り出しやすくなります。

■ヤケドに注意■
タオルが熱くなっているので、レンジから取り出す際はヤケドに注意!
またジップロックからでる蒸気にも気を付けてください。顔に乗せる前には、タオルをもう一度たたみ直しましょう。そうすることで温度を下げることができます。

蒸しタオルの使い方

蒸しタオルの使い方

温めた蒸しタオルは、適度な温度になるまで冷まし、「30秒」ほど顔にあてましょう。

洗顔方法 – 2.正しい手順と洗顔

正しい手順と洗顔
次はいよいよ本題です。正しい洗顔方法は意外と知らない人が多く、間違ったケアは肌トラブルの原因に繋がりかねません。
まずは、間違ったケアをしていないかをチェック✔

洗顔時の間違ったケア

✖ 冷水やお湯で洗い流している
✖ シャワーで流している
✖ 洗顔しっぱなし
✖ ゴシゴシこすって洗っている

上記の間違った洗顔は、肌トラブルを悪化させてしまいます。洗顔の効能を最大限発揮するためにも、正しい洗顔を行いましょう。

手順は、クレンジング→蒸しタオルの次に「洗顔」です。
蒸しタオルでせっかく開いた毛穴も、一時的なもので時間がたてば元に戻ってしまいます。

ポイントは、蒸しタオルを行った直後に洗顔をすること!1分以内には、洗顔を行いましょう。

正しい洗顔方法

①泡立てネットを水に濡らしていきます。

泡立てネットは、絶対ではありませんが、使うことをおすすめしています。濃密な泡が立つことで、肌をこすらずに洗うことができます。

②洗顔料を手に取り、空気を含むイメージで泡立てていきます。


少しずつ水を足していくと、泡立ちやすくなります。

③泡で優しく洗いましょう。


ゴシゴシ擦ってしまうと肌にダメージを与えてしまうので、優しく洗いましょう。手で洗うのではなく、泡で洗うようなイメージです。

④ぬるま湯で洗い流していきます。

冷水やお湯ではなく、ぬるま湯32℃~32℃がベストです。③と同じようにゴシゴシ擦らず、かけ流すように優しく洗い流しましょう。

洗顔方法 – 3. 洗顔後の保湿が重要

洗顔方法
皮脂や汚れを洗顔でとした後に、最も重要といえるのが「しっかりと保湿すること」です。
洗顔後は特に、乾燥している状態です。
乾燥が皮脂の分泌を多くさせている原因のひとつ。脂性肌にはスキンケアの中でも保湿することが一番のポイントといえます。

化粧水や乳液での保湿はなるべく早く!遅くても1分以内に行いましょう。

脂性肌向けのおすすめ洗顔料ベスト3

1. オルビス アクアフォース マイルドウォッシュ

オルビス アクアフォース
価格:1,296円(税抜)

洗浄力 泡立ち 使用感 肌に優しい コスパ 効能
アクアフォースマイルドウォッシュ

20~30代から特に人気を集めているオルビスのアクアフォースシリーズの洗顔料です。
オルビスは、100%オイルカットになっていて脂性肌向けのスキンケアに最適!

肌トラブルなどに特化した改善効果はないものの、洗顔料としての汚れをキャッチしてくれる働きは優秀◎コストパフォーマンスも良いので、毎日のスキンケアとして負担なく使うことができます。
オルビス アクアフォースの体験レビューはコチラ

2. クリーミュー

クリーミュー
通常価格:4,980円(税抜)
↓お得な定期コース(今だけ!)
初回限定価格:100円

洗浄力 泡立ち 使用感 肌に優しい コスパ 効能
クリーミュー ニキビ

洗浄力に優れている成分として知られているクレイ成分(泥)が含まれている泥洗顔のクリーミュー。6つの天然クレイ成分が余分な皮脂や毛穴の汚れをしっかりと取り除いてくれます。

また、特徴的なのがふわふわで濃密な泡!その濃密な泡が肌を傷つけることなく毛穴の奥の汚れをキャッチしてくれます。

単品でみてみるとコスパは悪いですが、お得な定期コースにするとコスパも良いといえるでしょう。
【徹底的に比較】クリーミューorどろあわわどっちがいいの?
クリーミューの体験レビューはコチラ

3. アクポレス アクネソープ

アクポレス アクネソープ
価格:2,500円(税抜)

洗浄力 泡立ち 使用感 肌に優しい コスパ 効能
アクポレス アクネソープ 毛穴

口コミ数も多く評価も高いアクポレスのスキンケアは、ライスフォースの姉妹ブランドとして登場!アクポレスシリーズは、脂性肌による毛穴開きや黒ズミの改善効果が期待できるスキンケアです。また、毛穴トラブルだけでなく、ニキビの改善効果も◎

固形型の洗顔料になっているので、ひとつで2ヶ月ほど使うことができます。
アクポレスシリーズは、お手頃な価格で試すことができるトライアルセットもあるので、まずは効果を実感してからという方にもおすすめです。

アクポレスの体験レビューはコチラ

正しい洗顔方法でスッキリとした肌へ

スキンケアは本来、肌を改善するためものですが、間違ったスキンケアで肌トラブルを招く原因にもなります。そうならないためにも、正しい洗顔方法を知ることが大切ですね。

洗顔で大切なポイントをまとめると…

①洗顔は多くても1日2回
②肌へ負担の少ない洗顔をする
③蒸しタオルで毛穴を開くこと
④ぬるま湯で優しくそそぐこと
⑤洗顔後の保湿をしっかりとすること

この5つです。正しい洗顔をすることで洗顔の機能を最大限に発揮することができます。

また、脂性肌の方におすすめの洗顔料は、ドレッサー管理人が実際に試したスキンケアです。試して分かった使用感や効果、配合成分、口コミをもとに選びました。体験レビューをよかったら参考にしてみてください。