大人かわいいを楽しむ美容メディア

家庭用脱毛器は痛い方が効果がある?VIOでも痛くない脱毛器を紹介します!

これから脱毛器を購入して脱毛を始めようとしている人は、脱毛の痛みがどのくらいなのか気になりませんか?

「エステや医療脱毛と違ってジェルを塗らないみたいだし、痛みに耐えられないかも…」という不安をかかえているかもしれません。

そこで、今回は家庭用脱毛器の痛みについて、痛みが起きる理由や対策をまとめてみました。

脱毛時の痛みの和らげ方VIOでも痛くない家庭用脱毛器の紹介をしていきますので、この記事を読んで脱毛への不安を解消してくださいね。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
家庭用脱毛器の痛みは続けられないような痛みではありませんよ♪

家庭用脱毛器は痛い?

脱毛の痛みは、痛いという人もいれば痛くないという人もいて、実際のところ具体的な痛みがよくわかりませんよね?

脱毛器の種類、体調、毛の状態などによって個人差はありますが、ほとんどの人が「パチッ」「チクッ」とした痛みを感じます。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
家庭用脱毛器の痛みがどのくらいなのかもっと詳しく説明していきますね。

家庭用脱毛器の痛みを医療脱毛とサロン脱毛で比較!

一般的に言われている痛みのレベルは、医療脱毛>サロン脱毛>家庭用脱毛器の順になり、医療脱毛に比べると家庭用脱毛器の痛みはそれほどでもありません。

医療脱毛、サロン脱毛、家庭用脱毛器の痛みをイラストで比較
医療脱毛では痛すぎて、家庭用脱毛器に乗り換えました…痛みも少なく快適です!

こんな声もあるぐらいです。

医療脱毛が特に痛い理由

医療脱毛は医師免許を持つ医師のもと行われる医療行為。使用される脱毛器は、永久脱毛ができる強力な照射パワーをもつため、大きな痛みを感じてしまう。

一方、医療脱毛器に比べて弱めの照射パワーにつくられているサロン脱毛や家庭用脱毛器は、永久脱毛はできませんが痛みも弱めです。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
自宅で自己責任のもと取り扱う必要のある家庭用脱毛器は、安全に脱毛できる範囲以内の照射パワーにつくられています。

レーザー式とフラッシュ式はレーザー式が痛い

エステや家庭で使われる脱毛器のなかでも、脱毛力が高いものを『光美容器』と呼びます。

さらに光美容器はレーザー式とフラッシュ式に分かれます。

レーザー式とフラッシュ式の違いは主に、「光の長さ(波長)」と「照射幅」です。

レーザーと光の違い

レーザー式とフラッシュ式の違いを比較してみましょう。

項目 レーザー式 フラッシュ式
光の長さ 長い 短い
照射幅 狭い 広い
メリット 効果が高い 痛みを感じにくい
デメリット 痛みを感じやすい 効果が弱い

レーザー式の方が照射パワーが強く波長が長いので、毛根の更に奥にある毛乳頭までダメージを与えることができます。

フラッシュ式は比較的照射パワーが弱く波長も短いので、効果が出にくいですが痛みは穏やかです。

レーザー式とフラッシュ式の照射の違い
RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
脱毛効果を優先したい人はレーザー式、痛みに弱い人はフラッシュ式を選ぶと良さそうです。因みに家庭用脱毛器のほとんどがフラッシュ式ですよ!

痛い方が効果があるって本当?脱毛のメカニズムについて

脱毛のメカニズム

脱毛は「痛い方が効果がある」って聞いたことがありませんか?

痛いということは”照射パワーが強い”ということにつながり、そのような表現がされることもしばしばあります。

しかし、『痛ければ効果が高いという訳ではない』という意見もあるのです。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
「痛い方が効果が高い」と、「痛ければ効果が高いという訳ではない」という正反対の意見。どちらが正しいのか解説していきます。

脱毛のメカニズムと痛みがでる理由

脱毛の時に感じる痛みの理由がわかるように、まずは脱毛のメカニズムを説明していきますね。

簡単に説明すると、脱毛は毛を発毛させる組織にダメージを与えています。

脱毛のメカニズムイラスト

その方法は、

  1. 肌に光やレーザーを当て、メラニン色素という黒い色素に熱を反応させる
  2. 毛を生成する組織(毛根や毛乳頭)にダメージを与える
  3. ダメージを受けた毛が1~2週間後に自然と抜ける
照射で肌が傷む理由イラスト画像

照射する際に発生した特殊な熱が、毛根周辺の皮膚にも伝わり痛みを感じてしまうのです。

脱毛は痛い方が効果があるって本当?

脱毛器の痛み比較イラスト&画像

家庭用脱毛器の基本原理は医療脱毛やサロン脱毛と同じメカニズムです。

ですが、照射パワーに違いがあります。

医療脱毛では毛根や毛乳頭を破壊する照射パワーがありますが、サロン脱毛や家庭用脱毛器にそのようなパワーはありません。

そのため、”医療脱毛は効果が高いけれど痛みも強い”と言われます。

ですが、最近では弱い照射パワーでも脱毛効果のある『蓄熱式脱毛(SHR脱毛)』や『ハイパースキン脱毛』という痛みの少ない脱毛方法も導入され始め、医療脱毛でも痛くない時代になってきました。

SHR脱毛
SHR脱毛ができる脱毛機器
ハイパースキン脱毛
ハイパースキン脱毛器

同じように、家庭用脱毛器も痛みを軽減する冷却機能が搭載されたものが開発されるなど、脱毛器の進化と共に痛い方が効果があるという訳ではなくなりつつあります。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
正しくは、『出力が高い方が効果がある』と表現した方が良さそうです。

脱毛で特に痛みを感じる部位はどこ?

水着姿の女性

脱毛の際、特に痛みを感じやすい部位があります。

脱毛で痛みを感じやすい部位

◆濃く太い毛◆

  • VIO
  • ワキ
  • 男性のヒゲ

【理由】
メラニン色素が特に多く、照射で発生する熱を一気に吸収するため痛みを感じやすい

皮膚が薄く関節や骨に近い部分◆

  • VIO
  • 鼻の下

【理由】
皮膚が薄いと衝撃が伝わりやすく、敏感で痛みに反応しやすい

痛みを感じる条件の揃ったVIOは、特に痛いと言われる代表的な部位です。

また、アザやほくろといった色素沈着している部分も、熱が反応してしまい痛みを感じます。

逆に皮膚が分厚い腕や背中、お腹などが痛みを感じにくい部位です。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
自分が脱毛したい部位が痛みを感じやすい部位なのか知っておくことも大事ですね。

とは言っても、家庭用脱毛器は自分で自由に照射パワーを調節することができます。

脱毛ラボホームエディションのパワー調節ボタン

出典:脱毛ラボホームエディション公式

ですから、それほど痛みに対して過剰に心配する必要はありません。

さらに、脱毛の痛みは、”初回は痛かったけれど2回目から痛みを感じなくなった”という話もよく聞きます。

これは、照射回数を重ねると毛が薄くなり痛みが和らぐためです。

焦らずゆっくり効果を実感するようにしましょう。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
生理前や飲酒など、その日の体調や肌の状態によっても痛みの感じ方は違います。痛みを感じやすいデリケートな部分こそ、自分で痛みを調節できる家庭用脱毛器がおすすめですね。

痛みに弱い人必見!脱毛の痛みを和らげる6つの方法

家庭用脱毛器で脱毛する女性

脱毛の痛みは照射レベルを低くすることで調節できますが、効果の低下を防ぐ為に痛みに耐えながら照射しようとする人もいます。

効果を重視して痛みを我慢すると、火傷や腫れなどの肌トラブルを引き起こすかもしれないので絶対に無理しないでくださいね。

とは言っても、できるだけ早く効果を感じたいと思ってしまいますよね?

そこで、効果を下げずに脱毛の痛みを防ぐ方法を5つ紹介しましょう。

脱毛の痛みを和らげる6つの方法
  1. 照射部位をしっかり冷やす
  2. しっかり保湿する
  3. 日焼けをしない
  4. 脱毛前の飲酒やカフェイン摂取を控える
  5. 生理前や生理中の脱毛は避ける
RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
どれも簡単なので、痛みに弱い人は是非「痛みを和らげる方法」を実践してみて下さいね。

1.照射部位をしっかり冷やす

基本的に脱毛する前後は、冷却ジェルを塗ったり保冷剤で10秒ほど冷やす作業を行います。

これは、火傷や赤みなどの肌トラブルを防ぐ為だけではなく、痛みを緩和させる効果もあるからです。

そのため、自宅でも冷やしたタオルや保冷剤を使って事前に冷やすことをおすすめします。

中には、冷却機能が備わった便利な家庭用脱毛器も販売されています。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
冷却機能付きの家庭用脱毛器は後ほど紹介しますね。

2.しっかり保湿する

乾燥した肌は、熱や光の吸収力が高まり痛みを感じる原因になってしまいます。

脱毛をしている間は特に、きちんと保湿を行う習慣を身に着けておきましょう。

きちんと保湿された肌はバリア機能も高く、熱や光の刺激から守り痛みを和らげてくれます。

保湿された肌と乾燥した肌を比較したイラスト

3.日焼けをしない

家庭用脱毛器は黒いメラニン色素に反応する性質を持っています。

そのため、メラニン色素の増えた日焼肌は、熱が過剰に反応して痛みを生じます。

日焼けした肌が痛い女性のイラスト

痛みだけではなく、火傷の原因になることもあるので注意が必要です。

肌トラブルを防ぐ為にも、脱毛期間は日焼け対策を行うように心がけましょう。

4.脱毛前の飲酒やカフェイン摂取を控える

脱毛前のカフェインやアルコールは禁止

飲酒は全身の血行が良くなり体温が高くなります。

体温が上がってる状態で脱毛を行うと、肌に赤みやかゆみ、湿疹が出やすくなるので結果的に肌を傷めてしまうかもしれません。

脱毛前後(12時間)の飲酒は控えましょう。

カフェインには神経を敏感にさせる作用があり、痛みを敏感にさせる要因になります。

カフェインが入っているもので有名な飲み物はコーヒーですが、コーヒー以外にも緑茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクにも含まれているので注意してくださいね。

痛みに弱い人は特に、当日の飲酒やカフェイン摂取を控えるように心がけておきましょう。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
飲み物ではないので見落としがちですが、チョコレートにもカフェインが含まれます。脱毛前はチョコレートの食べすぎにも気を付けてくださいね。

5.生理前や生理中の脱毛は避ける

生理前や生理中の女性の肌は、特に敏感になる時期で痛みも感じやすくなっています。

いつもと同じ照射レベルなのに、生理中は痛みを感じてしまうということも少なくありません。

生理前や生理中はホルモンバランスも崩れやすく、肌トラブルを生じたり痛みを感じやすくなる時期なので脱毛は避けたほうが良いでしょう。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
脱毛は体調が万全なときを選びましょう。

6.しっかりシェービングしておく

脱毛前にはしっかりシェービングしておく必要があります。

シェービングをきちんとしておかないと、照射した熱エネルギーが伸びたムダ毛に過剰反応して、火傷のリスクが高まるからです。

もちろん、痛みも感じやすくなりますし、毛根に熱が伝わりにくくなるので脱毛効果も落ちてしまいます。

また、脱毛前は毛抜きや脱毛ワックスで毛根から毛を抜き取ってもいけません。

理由は、脱毛器の脱毛メカニズムにあります。

脱毛器は黒いメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えるので、毛根から抜き取ってしまうと黒いメラニン色素が無くなり、反応しなくなるからです。

メラニン色素があると反応するけれど怪我無い状態だと反応しないイラスト

理想は2㎜ほど生えた状態の毛に照射するのが望ましいので、脱毛する前日~2日前にシェーバーでシェービングしておくといいでしょう。

VIO脱毛でも痛くない!おすすめ脱毛器TOP3

葉っぱが3つ並んでいる

家庭用脱毛器を探している人のために、レコレポ編集部が厳選した”痛みが少なくVIO脱毛にもおすすめな脱毛器”を紹介します。

1位:脱毛ラボホームエディション

総合評価:4.5

脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディション販売価格:71,478円(税込)

レベル調節 痛みレベル 保障
5段階 1年
照射回数 照射面積 冷却機能
30万発 4.8㎠ あり
重量 脱毛方式 脱毛範囲
277g フラッシュ式 VIOを含む全身
おすすめポイント
  1. 冷却機能が搭載されている家庭用脱毛器
  2. VIO脱毛を含む全身に対応している
  3. 美肌モード搭載で黒ずんだ肌をワントーン明るくする

脱毛ラボホームエディションは、脱毛サロン『脱毛ラボ』が開発した、サロンと同じ業務用パワーを持つ家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器では珍しく、VIOを含んだ全身脱毛ができます。

痛みを抑える冷却機能や黒ずみに効果的な美肌モードも搭載されているので、特にVIO脱毛を自分でしたいと考えている人におすすめしたい家庭用脱毛器です。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
”冷却機能が気持ち良くて痛みが少ない”という口コミが沢山ありましたよ♪

2位:ツーピーエスクリスタル

総合評価:4.0

ツーピーエスクリスタル

ツーピーエスクリスタル販売価格:71,093円(税込)

レベル調節 痛みレベル 保障
8段階 1年
照射回数 照射面積 冷却機能
100万発 7.04㎠ ファンによる空冷
重量 脱毛方式 脱毛範囲
約1.5㎏ フラッシュ式 VIOを含む全身
おすすめポイント
  1. 家庭用脱毛器で人気の高いケノンと同等スペック
  2. VIO脱毛を含む全身に対応している
  3. 1ショットあたりの単価が0.01円でコスパ抜群!

ツーピーエスクリスタルは、家庭用脱毛器で人気の高いケノンと同等のスペックを持つ韓国製の家庭用脱毛器です。

ケノンと同じよな照射面積、照射回数、価格設定になっていますが、大きく違う点と言えばVIO脱毛ができるというところです。

ケノンはビキニラインのみに対応していて、I・Oラインは推奨されていません。

ケノンが欲しかったけれどI・Oラインに対応していないから悩むなぁと、思っていた人にツーピーエスクリスタルはおすすめです。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
100万回の照射回数が終わった後でも、カートリッジを交換すれば長く使えますよ。

3位:ケノン

総合評価:3.5

ケノン

ケノン販売価格:64,630円(税込)

レベル調節 痛みレベル 保障
10段階 1年
照射回数 照射面積 冷却機能
50万~100万発(カートリッジによる) 7㎠ なし
重量 脱毛方式 脱毛範囲
約1.6㎏ フラッシュ式 全身(I・Oライン除く)
おすすめポイント
  1. 家庭用脱毛器の中で特にハイスペックで人気
  2. 口コミ評価が高い
  3. 安心の日本製

ケノンは男女問わず人気の高い、日本で一番売れている家庭用脱毛器です。

開発から製造、検品、アフターサポートまで、全て日本国内の工場で行われている、日本人の肌質に合った安心できる脱毛器になっています。

安全に使用できるよう、I・Oラインは推奨されていませんがVラインのケアはできます。

日本の家庭用脱毛器で不動の人気を誇るハイスペックな脱毛器ですよ♪

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
デリケートゾーンはVラインができれば十分!と言う人には国内産のケノンがおすすめです。照射レベルも10段階から選べるので痛みの調節も細かくできますね。

まとめ

商品画像 脱毛ラボホームディション
4.5
ツーピーエスクリスタル
4.0
ケノン
3.5
商品名 脱毛ラボホームエディション ツーピーエスクリスタル ケノン
価格 71,478円(税込) 71,093円(税込) 64,630円(税込)
照射回数 30万回 100万回 50万回~300万回
照射面積 4.8㎠ 7.04㎠ 7.0㎠
冷却機能 あり ファンによる空冷 なし
脱毛方式 フラッシュ式 フラッシュ式 フラッシュ式
脱毛範囲 VIOを含む全身 VIOを含む全身 全身(VIOを含まない)
詳細

家庭用脱毛器の痛みは比較的弱く、照射パワーも自由に自分の好みに調節できるのでそれほど痛みを心配する必要はありません。

医療脱毛やサロン脱毛に比べると照射パワーがは劣りますが、使い続けることで効果を実感している人は多数います。

部位によっては痛みを感じやすい部分もありますが、脱毛の痛みを和らげる方法を実践しながら自分のペースでツルツル肌になるようがんばりましょう!