大人かわいいを楽しむ美容メディア

除毛クリームの正しい使い方や塗り方は?効果的に除毛するコツやおすすめ商品を紹介!

突然ですが、皆さんはムダ毛の処理どうしていますか?

ドラックストアや市販で気軽に購入できる除毛クリームを使っている方も多いのではないでしょうか?

でも、除毛クリームって正しい使い方をしないと、効果が半減するどころか、肌にダメージを与えてしまうのです!

そこで、こちらの記事では

  • 除毛クリームの正しい使い方
  • 除毛クリームを効果的に使うコツ
  • 除毛クリームの注意点
  • 除毛クリームのメリット・デメリット

などを解説して行きたいと思います。

また、最後にはおすすめの除毛クリームを紹介しているので、これから除毛クリームを購入される方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

除毛クリームとは?

除毛クリームとは?

除毛クリームを簡単に説明すると、アルカリ性のクリームをムダ毛に塗って数分放置し、シャワーで流すとムダ毛が溶けてなくなると言う商品です。

サロンなどの脱毛と違い、あくまで除毛なので、時間が経つとまた毛が生えてきてしまいますので、定期的に処理する必要があります。

ですが、他のムダ毛処理グッズに比べ痛みもなく、簡単にツルツル肌が手に入るので、人気がありますよね。

除毛クリームにはどんな効果があるの?

除毛クリーム 効果

市販の除毛クリームには、基本的にチオグリコール酸カルシウムと言う有効成分が配合されています。

このチオグリコール酸カルシウムには、たんぱく質を分解し除去する性質があります。

ムダ毛の主成分はたんぱく質でできているので、除毛クリームを塗ると有効成分がたんぱく質に反応し、ムダ毛を溶かして除去してくれると言う仕組みです。

安くて気軽に購入できるカミソリで処理している方も多いと思いますが、伸びて来た毛がチクチクするのが悩みだったりしますよね。

カミソリで処理すると、先端の細い部分が無くなり根元の太い部分が残ります。
また、切り口が角のある尖った形になるため、伸びて来るとチクチクする原因になります。

ですが、除毛クリームは毛を溶かしてしまうので、生えて来た毛がチクチクしないと言う特徴もあります。

除毛クリームの正しい使い方

除毛クリームがどんな物か分かったところで、次は正しい使い方を見て行きましょう。

必ずパッチテストをしよう!

パッチテスト

除毛クリームには、低刺激の物や、炎症を抑える成分が配合されている物がありますが、体調や体質によって、肌荒れをしてしまう場合があります。

そのため、肌に異常が出ないか確認する為にも、使用前は必ずパッチテストをしましょう。

パッチテストのやり方
  1. 除毛したい部分の目立たない箇所に、少量の除毛クリームを塗る
  2. 放置時間が過ぎたら、ティシュかタオルで優しく拭く
  3. 水かぬるま湯でしっかり流す

24時間経過して、肌に何も異常がなければ問題はないと考えられます。

正しい塗り方

正しい塗り方

除毛クリームは、1㎜~3㎜の厚さで、毛が隠れるぐらいたっぷりと塗りましょう。

また、厚さが均一でないと、毛が残る原因になったり、しっかり除毛できないので、ヘラやスポンジなどを使って、ムラなく均一に塗りましょう。

さらに、肌が濡れた状態で除毛クリームを使用すると、除毛効果を弱めてしまう可能性があるので、必ず乾いた状態で使用しましょう。

一定の時間放置

一定の時間放置

除毛剤には必ず放置する時間が決められています。

放置時間より長く置いてしまうと、肌へのダメージが大きくなり、肌荒れの原因になりますので、必ず放置時間を守りましょう。

ティッシュやタオルで拭く

ティッシュやタオルで拭く

放置時間が過ぎたら、ティッシュやタオルなどで、除毛クリームを優しくふき取りましょう。

除毛クリームを早く取りたくて、ゴシゴシ擦ってしまう方もいるかもしれませんが、ゴシゴシ擦ってしまうと肌に負担がかかるので、必ず優しくふき取るようにしましょう。

水かぬるま湯で流す

水かぬるま湯で流す

除毛クリームを水かぬるま湯でしっかり(優しく)洗い流しましょう。

除毛クリームが肌に残ってしまうと、肌荒れの原因になる場合があるので、肌に残らないよう十分にすすいでくださいね。

保湿

保湿

除毛クリームを使った後は、肌がダメージを受けているので、肌荒れを防ぐたにも、ボディークリームなどで、しっかり保湿をしましょう。

また、処理後は肌が乾燥しやすく敏感になっているので、低刺激の物や、高保湿の物がおすすめです。

部位別の使い方のポイント

除毛クリームの正しい使い方をみて頂きましたが、VIOや脇などは、どのように塗ったら良いか迷ってしまうこともありますよね。

そこで、部位別に正しい塗り方と注意点をご説明して行きたいと思います。

【VIO編】除毛クリームの使い方と注意点

VIOへの使い方

除毛クリームによっては、VIOに使用可能な物や、Vラインだけ使用可能な物などがあります。

まずは、VIOがどの部分を示しているのか確認してみましょう。

【Vライン】デリケートゾーンの上部や両足の付け根あたり(ビキニライン)
【Iライン】足の付け根に沿った陰部の両側
【Oライン】お尻の穴周辺

このように、VIOは粘膜の近くなので皮膚が薄くとてもデリケートです。

使用する際は、生理前後は使用を避け、粘膜に付かないように気を付けましょう。

また、除毛クリームを塗る時は、ヘラなどを使い少量ずつ丁寧に塗って行きましょう。

長時間放置せず、時間が来たらティシュで優しく拭き、しっかり洗い流しましょう。

※必ずVIOに使用できる除毛剤を使用しましょう。

【脇編】除毛クリームの使い方と注意点

脇への使い方

脇に除毛クリームを塗る場合、汗をかいていると除毛効果が下がってしまうので、事前に汗をしっかり拭き取りましょう。

脇の場合も、基本の塗り方と一緒で、1㎜~3㎜ぐらいの厚さでたっぷり塗り、一定時間放置したあと、拭き取りましょう。

拭き取る際には、ヘラやスポンジなどを使って、毛の流れに逆らって拭き取るとキレイに取れますよ。

【背中編】除毛クリームの使い方と注意点

背中への使い方

背中に除毛クリームを塗るのって、案外難しいので諦めている方も多いのではないでしょうか?

そこで、背中に使用する場合は、鏡とヘラを使いましょう。

鏡を二つ用意し、合わせ鏡にして、背中を見ながらヘラやブラシを使って均一に塗りましょう。

また、背中に除毛クリームを使う際には、髪の毛などに付かないよう、ゴムで結わく・キャップを被るなどしてくださいね。

除毛クリームを使う際の注意点

除毛クリームを使う際の注意点

最近の除毛クリームは、肌に優しい成分や保湿成分が配合されている物が多いのですが、使い方を間違えてしまうと、肌荒れの原因となります。

では、どんなことに注意して使用すれば良いのでしょうか?

除毛クリームの注意点
  • 肌が荒れている場合は使用しない
  • 生理中や前後・産前産後・病中病後は使用しない
  • 連続で使用しない
  • アルカリ性の石鹸など使用しない

1つずつ詳しく見てみましょう。

肌が荒れている場合は使用しない

肌が荒れている場合は使用しない

最近の除毛クリームは、抗炎症成分や肌に優しい成分を配合していますが、かぶれや肌が荒れている箇所に使ってしまうと、悪化してしまう恐れがあります。

そのため、肌に異常がある場合は、使用するのは止めましょう。

生理中や前後・産前産後・病中病後は使用しない

生理中や前後・産前産後・病中病後は使用しない

生理中や生理前後・産前産後・病中病後は、自分ではあまり分からなくても、肌がデリケートな状態になっています。

そのような時に使用してしまうと、肌荒れの原因となってしまう可能性があるので、使用するのは止めましょう。

連続で使用しない

連続で使用しない

除毛クリームを使って、1度ではキレイに除毛できないこともあると思います。

綺麗にしたくて、すぐにもう1度使用したり、次の日に使用したい気持ちも分かりますが、連続で使用すると、肌に大きなダメージを与えることになります。

商品には「1度使用したら○日間空けてください」と言う注意書きがありますので、肌荒れを防ぐためにも、必ずその期間を守りましょう。

アルカリ性の石鹸など使用しない

アルカリ性の石鹸など使用しない

除毛クリームの有効成分である「チオグリコール酸カルシウム」はアルカリ性の成分が、たんぱく質に反応しムダ毛を溶かして除去してくれます。

除毛クリームを使った後に同じアルカリ性の石鹸やボディーソープで体を洗うと、肌に余計負担がかかってしまい、肌荒れの原因となる可能性があります。

そのため、使用する際は弱酸性の物や、アルカリ性ではない石鹸やボディーソープを使用しましょう。

短い毛が残る?!効果的な使い方を伝授!

除毛クリームを使ったことがある方の中には、「短い毛が残った」と言う方もいるのではないでしょうか?

除毛クリームはちょっとしたコツで、その効果がupしますので、ぜひ実践してみてくださいね。

効果的に除毛するコツ
  • 長い毛はカットして置く
  • 入浴後に使用する
  • 毛の流れとは逆方向にふき取る

長い毛はカットして置く

長い毛はカット

除毛クリームを使用する際に、ムダ毛が長いまま塗っている方もいるかと思いますが、毛が長い状態で塗ってしまうと、クリームがムダ毛の根元までしっかり濡れていなく、キレイに除毛できない可能性があります。

そのため、ムダ毛を短くカットしておくと、均一の厚さで塗ることができますし、キレイに除毛することができるので、おすすめです。

入浴後に使用する

入浴後に使用する

除毛クリームを使用する前に、お風呂に入り身体を温めると、毛穴が開き除毛クリームが浸透しやすくなるので、キレイに除毛することができます。

また、肌が汚れていたり、汗をかいていると、除毛クリームと一緒に汚れなどを塗り広げることになりますので、お風呂で清潔にした肌に使用するのが理想的です。

もし、お風呂に入るのが面倒な場合は、ホットタオルなどで肌を温めてから使用するのも効果的です。

毛の流れとは逆方向にふき取る

毛の流れとは逆方向にふき取る

除毛クリームを早く落とそうと、適当に拭いてしまうと、キレイに取れないことがあります。

毛の流れに逆らうように拭き取ると、キレイに除毛できるので、効果を実感できないと思っている方は、ぜひ実践してみてください。

除毛クリームを使う頻度は?効果はいつまで続くの?

除毛クリームを使う頻度・効果はいつまで続く一般的に、脇の毛は1日に約0.3㎜、腕や脚の毛は0.2㎜~0.4㎜伸びると言われています。

ムダ毛がどのぐらい伸びたら気になるかは人それぞれですが、使用頻度が高ければ高いほど、肌に負担がかかるので、伸びるスピードが早い部位はこまめに除毛し、遅い部位は気になってからと言う風に、別々に除毛すると長い期間ツルツルな状態が保てます。

また、除毛クリームの効果が続く期間は、毛の量や質によって個人差がありますが、だいたい3日~7日ぐらいと考えられます。

そのため、]1週間ぐらい空けて使用すると、効果が持続[/bできると考えられます。

除毛クリームのメリット・デメリット

除毛クリームは、他の除毛グッズに比べどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

さっそく見てみましょう。

除毛クリームのデメリット
  • 頻繁に処理する必要がある
  • ニオイが気になる場合がある
  • 肌荒れする可能性がある
  • お金がかかる
除毛クリームのメリット
  • 簡単に除毛できる
  • チクチクしない
  • 自宅で手軽にできる
  • 痛みがない
  • 肌がツルツルになる
  • 即効性がある

除毛クリームはカミソリに比べて費用はかかりますが、肌への負担も少なく、仕上がりがキレイで、生えて来た毛がチクチクしないと言うメリットがあります。

また、サロンやワックスと違って痛みがないと言う特徴があります。

自宅で手軽にツルツル肌が手に入るのは、嬉しいですよね♪

市販で買えるおすすめの除毛クリーム5選

薬局やドラックストアへ行っても、たくさんの除毛クリームがあって、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで、市販で購入できるおすすめの除毛クリームをご紹介したいと思います。

エピラット除毛クリームキット(敏感肌用)

商品画像 エピラット除毛クリームキット(敏感肌用)
価格 805円(Amazon価格)
内容量 150g
除毛時間 5分~10分
香り グリーンフローラル
成分 チオグリコール酸、水、セテアリルアルコール、水酸化Ca、POE(25)ラウリルエーテル、POEセチルエーテル、水酸化Na、パラフィン、香料、海藻エキス-1、カモミラエキス-1、BG、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸デカグリセリル、グアイアズレンスルホン酸Na、ステアロイル乳酸Na、(2S,3R)-2-オクタデカノイルアミノオクタデカン-1,3-ジオール、緑201

エピラット除毛クリームキット(敏感肌用)は、セラミド・カモミールエキス・海藻エキス配合で、肌をいたわりながら根元からすっきり除毛できます。

クリームタイプの除毛剤なので、液だれせず、むだ毛に密着してしっかり除毛できます。

ヴィート バスタイム除毛クリーム敏感用

商品画像 ヴィート バスタイム除毛クリーム敏感用
価格 753円(Amazon価格)
内容量 150g
除毛時間 5分
香り ロイヤル ジャスミン
成分 チオグリコール酸、セテアリルアルコール、POEセトステアリルエーテル、流動パラフィン、濃グリセリン、タルク、水酸化Ca、ケイ酸Mg、グルコン酸Na、尿素、酢酸トコフェロール、アロエエキス-2、酸化Ti、PG、ソルビトール液(小麦由来)、pH調整剤、粘度調整剤、香料

バスタイム除毛クリーム敏感肌用は、クリームが水にかかっても、クリームがあだに残り除毛効果が続くので、シャワーしながら除毛ができます。

また、低刺刺激のグレープシードオイル配合なので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

パイナップル豆乳除毛クリーム

商品画像 パイナップル豆乳除毛クリーム
価格 通常価格:2,600円
定期初回割引:1,300円
2回目以降:2,600円
内容量 100g
除毛時間 約5分
香り 優しい香り
成分 チオグリコール酸カルシウム、尿素、大豆エキス、ツボクサエキス、オウゴンエキス、イタドリエキス、甘草エキス、茶エキス-1、ローズマリーエキス、カモミラエキス-1、BG、濃グリセリン、ミリストイルメチルタウリンNa、オレイルアルコール、セテアリルアルコール、POEセチルエーテル、流動パラフィン、フェノキシエタノール、水酸化Na、精製水、香料

パイナップル豆乳除毛クリームは、植物由来のハーブ7種を配合し、肌への刺激を減らしているので、肌が弱い方や、子供でも安心して使用することができます。

また、大豆エキスと尿素を配合しているので、除毛後の乾燥から肌を守り、しっとり潤いあるツヤ肌へと導いてくれます。

メガジョモウクリーム

商品画像 メガジョモウクリーム
価格 通常価格:3,980円
初回:1本1,990円
2回目以降:2本5,980円
内容量 230g
除毛時間 約5分
香り ローズ
成分 チオグリコール酸カルシウム、流動パラフィン、セタノール、ポリオキシエチレンセチルエーテル ベントナイト、エデト酸二ナトリウム、アスコルビン酸、水酸化ナトリウム、水酸化カルシウム、カルベノキソロン二ナトリウム、ビサボロール、香料

メガジョモウクリームは「チオグリコール酸カルシウム」に加え、2種類のアルカリ剤を使用しているので、スピーディーにムダ毛を処理することができます。

また、「カルベノキソロン二ナトリウム」や天然クレイ成分「ベントナイト」を配合しているので、除毛後の炎症ケアや肌荒れ・乾燥から肌を守ってくれます。

ミュゼ 除毛クリーム

商品画像 ミュゼ 除毛クリーム
価格 通常価格:2,980円
2本セット:5,364円
3本セット:7,152円
内容量 200g
除毛時間 最短5分
香り ホワイトローズ
成分 チオグリコール酸カルシウム、ヒオウギ抽出液、レンゲソウエキス、アマチャエキス、キイチゴエキス、ローマカミツレエキス、アマチャヅルエキス、ダイズエキス、ユズセラミド、加水分解シルク末、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、コラーゲン・トリペプチド F、セトステアリルアルコール、プロピレングリコール、流動パラフィン、ポリオキシエチレンセチルエーテル、パラフィン、水酸化ナトリウム、1,3-ブチレングリコール、グルコン酸ナトリウム、エタノール、無水エタノール、水、香料

ミュゼ除毛クリームは、天然由来成分87%配合なので、肌の弱い方でも安心して使用できます。

また、保湿成分や肌荒れ改善効果がある成分が8種類も配合しているので、除毛後もしっとり滑らかな肌へと導いてくれます。

まとめ

今回は、除毛クリームの正しい使い方や塗り方・効果的に除毛するコツをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

まずは、正しい使い方をおさらいしてみましょう。

正しい使いかたの手順
  1. パッチテスト
  2. ムラなく均一に塗る
  3. 一定の時間放置
  4. ティッシュやタオルで拭く
  5. 水かぬるま湯で流す
  6. 保湿

これでも十分に除毛効果は得られると思いますが、もし「短い毛が残る」「キレイに除毛できない」と言う場合は、下記のコツを試してみてくださいね。

効果的に除毛するコツ
  • 長い毛は事前にカット
  • 入浴後に使用
  • 毛の流れとは逆方向にふき取る

除毛クリームは、短い時間で簡単にムダ毛を処理することができ、肌もツルツルになる最高のアイテムです。

肌への負担を減らすためにも、正しい使いかたをマスターしツルスベ肌を手に入れましょう!