大人かわいいを楽しむ美容メディア

バストアップ

プエラリアミリフィカは危ない!?バストアップ効果と効能、副作用を解説

プエラリアミリフィカは危ない!?バストアップ効果と効能、副作用を解説

バストアップサプリの代表的な成分に『プエラリア』があります。

バストアップの効果が高いことと引き換えに注意したいコトもあるんですよ。

サプリを始めたい人は最初に知るべき、プエラリアの事話しますね。

プエラリアってどんなもの?

プエラリアって名前は良く聞くものの、特徴などの情報は意外と知られていないことが多いですよね。

プエラリアの原産国はタイの山岳地帯となり、マメ科の希少な植物で女性ホルモンと似た作用をする「ミロエステロール」が配合されています。

この成分はプエラリアのみにしか配合されていない希少な成分です。

プエラリアの形状

この有効成分の働きによって、バストアップや女性らしいボディスタイルへと導く効果があるとされています。

実はあの大豆の40倍ものイソフラボンが含まれ、胸を大きくする際にもっとも有効な成分として知られているのです。

このような理由からバストアップサプリメントにも主成分として多く配合されています。

本当にバストアップできるの?効果や働きについて

ここでは、プエラリアで本当にバストアップができるのか、みんなが一番気になるポイントをリサーチしてみました。

まずはSNSの反応からご紹介します。

バストアップや胸のハリ、体毛の減少など効果は人によって様々ですが、何かしらの作用が体に起きていると感じる人が多いのがわかります。

実は1960年12月イギリスのP.M.F.Bishop博士の研究論文によると、無月経の女性10名を対象0.1mgずつ投与したところバストアップ効果が見られたと発表され、その結果がネイチャー誌にも取り上げられています。

Work with 0.1mgm. doses is being undertaken. On four occasions there was enlargement and tenderness of the breasts. These changes were more severe and more frequent on the 5-mgm. doses.
訳)0.1mg服用により胸の膨張が見られた。0.5mg服用ではより強く効果が現れた

出典:P.M.F.Bishop. Dec 1960. An Estrogen From The Plant Pueraria Mirifica. NATURE

ただ、日本でも少しずつ研究は進んでいるもののバストアップ効果があるなどの明確な根拠は出ておらず、曖昧な点が多いのが現状です。

女性ホルモンに似た作用があることから「更年期障害の改善」や「美肌効果」も期待できるとされていますが、科学的根拠ではまだまだ証明されていないのが本当のところなのです。

実は危険な副作用もある!?

バストアップができる有効成分として女性にとっては魅力的に感じるプエラリアですが、副作用の報告が多いのも事実です。

実際にSNSでもこのような反応が上がっていました。

シンプルに怖くなりますよね…

その為、国からも以下の注意勧告がでているんです。

国民生活センターから出た注意勧告

実際に国民生活センターからも注意勧告が出され、ニュースでも取り上げられるなど話題になりましたよね。

消化器障害や皮膚障害といった一般の健康食品でもよくみられる危害事例のほ
かに、月経不順や不正出血といった、女性特有の生理作用に影響を及ぼしていると考えられる特徴的な危害事例が多く見受けられます。
そこで、「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品について調査し、消費者に情報提供・注意喚起することとしました。

出典:国民生活センター

国民生活センターが出した報道資料によると5年間あまりで209件もの健康被害が寄せられており、消化器障害や皮膚障害の他に月経不順や不正出血、頭痛、吐き気、めまいなどといった女性特有の健康被害が寄せられています。

ホルモンバランスの乱れによる様々な症状

プエラリアには、強い女性ホルモン作用を持つとされる成分が多く含まれているため、摂取によりホルモンバランスが崩れる恐れがあります。

女性ホルモンはたくさん摂れば良いというわけではなくバランスを保つことが大切なのです。

女性ホルモンの分泌が少ない人には、摂取によってバランスが整いPMSの改善繋がるなど良い効果をもたらすこともあります。

ですが国民生活センターに相談をした女性の多くは20~30代でまだまだ女性ホルモンも活発に分泌されている年齢です。

バストアップがしたいからと言って闇雲に飲むことは大変危険なのです。

国民生活センターに相談
画像:国民生活センター

副作用が起きる原因

副作用が起きる原因

副作用が起きる原因はいくつかあります。

代表的なものを説明しますね。

過剰摂取によるもの

バストアップの効果をより早めるために、プエラリアを過剰に摂取してしまうことで頭痛や吐き気などの副作用が現れることがあります。

実はプエラリアの生産国と言われるタイでは、すでに1日の摂取量を100mlに抑えるよう勧告されています。

日本でも400ml以下に抑えると言う声を耳にしたことがありますが、実は正確な規定は出されていません。

実は女性ホルモン様作用ある物質において摂取量の規定を定めることは難しいということと、現在の品質に不明確なものが多すぎること、プエラリア・ミリフィカに含まれる活性成分に自体にばらつきがありすぎるため1日の摂取量を定めることが非常に難しくなっていることが原因としてあります。

出典:厚生労働省公式HP

明確な上限が定められていないため、容量を守って飲んでいても過剰摂取になってしまっていることも十分に考えられます。

粗悪品が多い

プエラリアには粗悪品が非常に多く出回っています。

国民生活センターで市販されているプエラリアを分析したところ、半数以上がプエラリア以外の「サツマイモ」や「クズイモ」など他の植物が原材料だったと報告されています。

プエラリアは希少価値が高いものです。

プエラリアとうたっていながらあまりにも安すぎる製品は疑った方が良いとも言えます。

品質を見極めるためにはどうしたらいい?

品質を見極めるためにはどうしたらいい?

高品質か見分けるポイントとして下記のようなものがあります。

品質やランクが明確になっているもの

タイ政府認可、AAAランクなど明確な品質が記載されているかチェックしましょう。

プエラリアのどの部位を使用しているか

プエラリアは場所によって全く品質が変わります。

養分の濃度は中心部が高く、皮に近い実の部分は濃度が低いとされています。

プエラリアのどの部分を使用しているか明確に記載していることもポイントの1つです。

収穫時期の10~2月頃の乾季がベスト

プエラリアは腐りやすく、湿気や水気の多い時期にはタイで収穫されません。

いつ収穫されたものなのか見るのも品質をチェックする際の大事なポイントです。

原料が輸入され日本で加工処理したもの

プエラリアは製造過程で雑菌が繁殖しやすく、非常に加工処理が難しい製品です。

海外で加工されたものは安全性や品質が高いとは言えません。

必ずどこで加工されているのかチェックしましょう。

とは言っても一般の人がプエラリアの品質を見抜くのは非常に困難を極めます。

良いと思ったサプリを見つけてもプエラリアの活性成分にはばらつきがあったり、非常に取り扱いが難しい製品のため、次に届いた商品が同じ品質とは言えないかもしれないのです。

これらを踏まえた上でプエラリアを摂取する際は慎重に行うべきです。

副作用が起きた時の対処法は?

副作用が起きた時の対処法は?

では、プエラリアの摂取で副作用が起きてしまった場合、どのように対処したらいいのでしょうか?

詳細をわかりやすくご紹介していきます。

服用の量を少なめに、または中止する

基本的に副作用が起こったら直ちに服用をやめるべきです。

販売元に相談して指示を煽ったり、婦人科を受診して医師からの的確なアドバイスをもらうようにしましょう。

軽度の副作用の場合は、1日の摂取目安量を減らすことで副作用が起きなくなることがあります。

ただし無理して飲むことは絶対にやめてください。

製品を変える

飲んでいた製品が粗悪品、または体質に合っていない可能性があります。

バストアップに効果的な成分はプエラリアだけではありません。

自分の体に合ったものを見つけてみるというのも1つの手です。

摂取量を正しく守ろう!

摂取量を正しく守ろう!

プエラリアが配合されているバストアップサプリメントには、どんな商品にも1日の目安量が必ず記載されています。

その目安量を確実に守ることが安全に摂取する第1歩です。

この摂取量を守ることで副作用の心配がなくなり、安全にバストアップができる期待が持てます。

商品によって1日の目安量が変わってくることもあるため、内容を良くチェックし正しい量を摂取しましょう。

プエラリアを飲んではいけない人とは

プエラリアを飲んではいけない人

プエラリアは誰にでも摂取できるわけではなく、飲んではいけない人もいるんです。

これからに紹介する人物に当てはまっている場合、副作用が起きる原因となっている可能性があります。

これから摂取を考えている人もよく考えてみてください。

20歳以下の女性

この年代の女性は、カラダが成長している最中であり、プエラリアによってエストロゲンを摂取しなくても、自身のカラダの力で女性ホルモンを十分につくることができます。

また、成熟している大人の女性よりもホルモンバランスが不安定のため、プエラリアによって体調が悪くなる恐れがあります。

他にもプエラリアの摂取で、自身の力でホルモンをつくることがブロックされ、そのことから妊娠しにくい体質になったり、生理の周期が乱れたり、メンタル面にも支障をきたすことがあります。

生理中

プエラリアはご紹介したように、女性ホルモンに強い作用をする効果があり、服用することでホルモンのバランスが不安定になります。

その人の体質によっては、生理中のプエラリアの摂取はいつもよりも生理痛がひどく感じたり、生理周期が乱れていることも報告されています。

女性のホルモンバランスは、特に生理中に崩れやすい性質を持っているため、プエラリア服用は避けることを推奨されています。

生理のときは、カラダの中にあるエストロゲンの量も少ないことから、プエラリアの服用をしても効果が期待できないデメリットもあることを知っておきましょう。

妊娠中、授乳中

プエラリアを飲んではいけない人

女性が妊娠していたり、授乳中のときには、女性ホルモンのバランスが不安定で、体調も崩れやすい時期といえます。

プエラリアの摂取で、ホルモンバランスが不安定になるだけではなく、自身のカラダを通じて子供にも悪い影響を及ぼす恐れがあります。

プエラリアを配合しているバストアップサプリメントの各公式HPでも、妊娠中や授乳中の摂取を控えるよう、提示しています。

ピルを服用中

プエラリアとピルの併用はNGなことが各メディアでも提示されています。

ピルには、女性ホルモンの1種である「卵胞ホルモン」や「黄体ホルモン」を増やす作用があり、プエラリアとの併用で女性ホルモンの分泌が過剰になり、ホルモンバランスが不安定になります。

すると、月経の異常や頭痛、吐き気などの症状が長引くリスクもあります。

服用しているのが低用量ピルであっても女性ホルモンに作用し、バランスを崩してしまうことは避けられないため、プエラリアとの併用は避けるようにしましょう。

婦人科系の病気、またはがんの疑いがある人

プエラリアを飲んではいけない人

プエラリアの服用では、子宮筋腫が大きくなったという口コミでの報告もあります。女性ホルモンの1種「エストロゲン」は、子宮筋腫を育てる作用があるためです。

そのため婦人科系の疾患がある方の場合、プエラリアの摂取は控えるべきです。

プエラリアの服用でガンの因果関係は研究されている段階となっていますが、女性の乳がんや子宮がんにかかっている方は、自身の健康を第一に優先し、プエラリアの摂取を控えましょう。

まとめ

プエラリアは、正しい摂取量を守ること、飲んではいけない人を知ること、この2つがポイントです。

もしも飲む際はこれらをことを踏まえて自己責任ということを忘れず、十分に注意してください。

関連記事