大人かわいいを楽しむ美容メディア

シミを消す方法

シミを消す6つの方法まとめ!簡単にできる予防方法・原因も

コスメコンシェルジュ監修

本記事はレコレポ編集部所属のコスメコンシェルジュが内容を精査し、編集をおこなっています。


コスメコンシェルジュとは…
化粧品の成分や働きなど、科学的根拠のある正しい知識をもった化粧品の専門家であり、「あらゆる肌悩みに対して最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル日本化粧品検定協会より)」です。

ある日突然お肌に現れるシミは、「できれば消したい…!」と思う女性が多く、悩んでいる方も少なくはないですよね。

できれば簡単にシミを消す方法があれば嬉しいんだけど…。そんなものはないのかな?

残念ながら、ご存じの方も多いように、シミを簡単に一瞬で消す方法というものはありません。

ただし、回数や時間をかけて徐々に薄くしていくことは可能です。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
そもそもシミは長い年月をかけてできるもの。消すときも同じように時間や手間がかかります。

シミを消す・薄くするための方法は大きく分けて4つ。

シミを消す・薄くする方法
  1. 市販品でセルフケア
  2. 美容クリニックや皮膚科で治療
  3. ライフスタイルの改善
  4. メイクで隠す

効果が表れるまでの期間や手間、コストなどは方法によってさまざまです。

いくつかの方法を並行することで効果アップも期待できるので、現在試しているものがあるという方も、他の方法をチェックしてみてくださいね。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
これからシミケアを始めるという方や、すでに取り組んでいるけど効果がイマイチ…という方の参考になる内容となっています!

シミのできるメカニズム

シミに悩む女性

まずは、そもそも「シミはなぜ・どうやってできるのか?」という点を確認していきましょう。

発生のメカニズムを知っておけば、どんな方法がシミ消しに効果的なのか分かりやすくなるはずですよ。

メラニン色素の黒色化

シミの元として名前を挙げられることの多い「メラニン」ですが、実はそれ自体がすぐにシミになるわけではありません。

シミのできるメカニズム図解
シミのできるメカニズム
  1. 紫外線などが表皮細胞(ケラチノサイト)に刺激を与える
  2. 色素細胞(メラノサイト)を刺激する物質が生成される
  3. メラニンの生成が増加する
  4. 表皮細胞(ケラチノサイト)にメラニンが蓄積すると色素沈着してシミになる

メラニンはもともと、紫外線や摩擦、炎症といった刺激から肌を守ってくれるものです。

しかし、強すぎる刺激によって過剰に生成されたり、ターンオーバーの乱れなどで蓄積してしまったりすると、徐々に黒色化してシミとなってしまいます。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
肌表面へのダメージを抑えることが、シミの予防にもつながります。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、「新しく作られた肌細胞が成長しながら表面へ押し上げられ、古い角質や垢となって排出される一連の流れ」のことです。

ターンオーバーのサイクルは、年齢によって大きく異なります。

年代別のターンオーバー周期
10代 約20日
20代 約28日
30代 約40日
40代 約55日
50代 約75日
60代 約90日
RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
シミの原因となるメラニンもターンオーバーによって排出されるため、シミを消したい、薄くしたいなら外せないポイントです。

また、実年齢だけでなく、肌年齢もターンオーバーに大きく関係してきます。

ターンオーバーが乱れてシミができるイメージ

ターンオーバーが乱れていると、新しい肌細胞がなかなか生成されなかったり、古い肌細胞がいつまでも排出されなかったりと、様々な肌トラブルの原因に。

シミを薄くしたい・増やしたくないなら少しでもターンオーバーを改善することが大切です。

ターンオーバー改善のポイント

ターンオーバーが乱れる原因はいろいろありますが、普段の生活習慣や体調、肌への刺激などが関わっています。

ターンオーバーが乱れる原因
  • 疲労やストレス
  • 睡眠・運動不足
  • 急激な体重増減
  • 食生活の乱れ
  • 喫煙・飲酒の習慣
  • 冷え性
  • 便秘
  • 肌への強い刺激

該当する項目が多ければ多いほどターンオーバーが乱れやすくなり、シミができやすい、消えにくいお肌になってしまいます。

また、前述通り加齢によってターンオーバーが遅くなるので、今は平気だからと油断しないように。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
当てはまる項目がある方は1つからでも見直しして、シミの改善・予防に繋げましょう。

消すことのできるシミの種類とは?

シミ消しの方法

一度できてしまったシミをキレイに消したいと思ったら、美容クリニックや皮膚科を受診するのがベスト。

専門知識を持つ医師の診察を受けることでシミのタイプがはっきりとわかりますし、効果の高い治療を受けることもできるからです。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
とはいえ、病院で治療してもらうとなると、それなりに時間もお金もかかることになります。

セルフケアでできるシミケアは消すことではなく、予防や改善がメインとなります。

セルフケアでできるシミ対策
  • 新しいシミを増やさない
  • 薄いシミを濃くしない
  • 目立たない程度にシミを薄くする

通院する場合と比べてコストはかかりませんし、方法も簡単です。

シミの種類によって効果のあるアプローチ方法は異なるので、気になっているシミのタイプに合ったものを選ぶのがポイントになります。

セルフケアで薄くできるシミ

自宅で、自分でシミケアをしたいときは、美白有効成分などを含む美容液、塗り薬、飲み薬を使う方法が簡単で効果的です。

ただし、セルフケアで薄くできる種類は下記の4つ。

  • 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
  • 炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
  • 肝斑(かんぱん)
  • 雀卵斑(じゃくらんはん)

それぞれ、相性のいい成分も異なるので、まずば自分のシミタイプを確認していきましょう。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑の写真
一般的に”シミ”と言われる場合、この老人性色素斑を指すことが多いです。

肌への刺激やストレスが蓄積することで、年齢を重ねると表れやすい傾向が。

はじめは薄茶色で、徐々に色が濃くなっていくのも特徴です。

相性のいいシミケア方法は?

・美白効果のあるスキンケアアイテム
・飲み薬
・病院でのレーザー治療や光治療、塗り薬や内服薬

メラニンの生成を抑制する作用や、色素還元の作用を持つ成分がおすすめ。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)


炎症性色素沈着はニキビや火傷などの跡にできるシミ。

はじめは赤っぽく、徐々に濃くくすんだ色へ変わっていきます。

相性のいいシミケア方法は?

【赤みがまだある】
・抗炎症作用や殺菌作用のある成分がおすすめ
【炎症が落ち着き色がくすんでいる】
・メラニンの生成を抑えたり、淡色化したりできる成分がおすすめ

どちらにも共通する点として、皮膚科での治療もでき、レーザー治療や内服、外用薬を使うことが多くなっています。

肝斑(かんぱん)


女性ホルモンの影響でできる肝斑は、顔にできることの多いシミです。

産後にできる人も多く、生理周期に合わせて濃くなったり薄くなったりすることも。

左右対称に表れるという特徴が、見分け方のポイントに。

相性のいいシミケア方法は?

・スキンケア…肌の代謝を上げる成分
・内服…トラネキサム酸が効果的。

レーザー治療はかえって色を濃くしてしまうため不向きです。

雀卵斑(じゃくらんはん)


雀卵斑はそばかすと呼ばれることが多く、遺伝で表れるシミです。

思春期のころに最も色が濃くなり、大人になると薄くなる人がほとんど。

ただし、紫外線のダメージを多く受けていた場合、大人になっても消えない人もいます。

相性のいいシミケア方法は?

セルフケアは効果が出る場合と出ない場合があり、基本的には悪化を防ぐためのケアが中心になります。

病院やクリニックでのレーザー治療・光治療で薄くすることも可能ですが、再発するケースもあります。

自分に合った治療方法を選ぼう

シミを薄くするための方法はいくつかの種類があります。

誰でも簡単にできるものから、費用や手間のかかるものまで様々ですが、いずれも回数や期間を重ねてコツコツ取り組みことが大切です。

また、複数の方法を合わせることで効果がアップする場合も。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
どの方法も一朝一夕でシミが消えることはないので、数ヵ月続けられそうな方法を選ぶようにしてみてくださいね。

美白コスメでシミ対策を始めよう!

シミが消えて笑顔の女性

手軽にシミ対策を始めたいなら、通販やドラッグストアで購入できる美白化粧品を使うのがおすすめ。

シミケアに特化した化粧品を使うことで、少しずつシミを改善したり、新しいシミを予防したりすることが可能です。

市販品を使うメリット
  • 手軽にシミケアを始められる
  • テクスチャや香りなど好みのものを選べる
市販品のデメリット
  • 医療用医薬品と比べて効果が劣る
  • 種類が多すぎて選ぶのに迷いがち

市販品の最大のメリットは、やはり始めやすさにあります。

価格面でも病院を受診するよりコスパがいいですし、時間面でも診察の待ち時間がかかりません。

コロナやインフルエンザなど感染症のリスクも避けられますね。

市販の美白コスメはこんな人におすすめ

  • 病院に通う時間を作りにくい
  • 人の多い場所を避けたい
  • 最近できた新しいシミを薄くしたい
  • 新しいシミを予防したい
RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
通販を利用すれば自宅にいながら買い物することも可能なので、忙しい方でも気軽にシミ対策が行えます。

美白成分をチェック

美白コスメを選ぶときは、シミに作用する美白成分の種類に注目してみましょう。

たくさんの成分が登場していて「どれが効くのか分からない…」という人のために一覧にしてみたので、目を通してみてくださいね。

美白成分の名前と効果を図解
成分名 効果 詳細
ビタミンC誘導体 ・予防
・淡色化
・排出
メラニンの生成を抑制しながら、新陳代謝を促進して淡色化(色素還元)も行い、活性酸素を排出する作用も持つ。
コラーゲンの生成を助けるのでシワなどの改善にも効く。
ハイドロキノン ・予防
・淡色化
メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑制する成分。
皮膚科でも処方されるが、美白有効成分としては承認されておらず、市販のものは配合量が少ない。
エナジーシグナルAMP ・予防
・排出
肌を作り出す母細胞の代謝を高め、ターンオーバーを促すことでメラニンを排出する。
薄いシミに特に効果がある。
プラセンタエキス ・予防
・排出
動物の胎盤や魚の卵細胞から抽出する成分で、メラニンの生成を抑える作用を持つ。
皮膚の代謝もアップするので、アンチエイジング効果も期待できる。
コウジ酸 ・予防
メラニンの生成を抑えながら、抗炎症作用や抗酸化作用も併せ持つ成分。
くすみや古いシミへの効果も報告されており、副作用のリスクが低いことでも知られている。
アルブチン ・予防
植物由来の成分で、チロシナーゼの働きを阻害することで過剰なメラニン生成を抑えることができる。
新しいシミを作らせないようにする力が強い。
トラネキサム酸 ・予防
シミの予防や、肝斑の改善に効果のある成分。
ニキビなどの炎症を抑える作用も持つ。
皮膚科で内服薬として処方されることもある。

最もベーシックな成分は「ビタミンC誘導体」です。

化粧水や乳液に含まれていることが多く、シミの生成を抑えながら、メラニンの排出も助けてくれます。

また、処方薬にも含まれている「ハイドロキノン」も要注目の成分。

美白コスメだと配合量は病院で処方される医療用医薬品には劣るものの、副作用が起こりにくいというメリットもあるので、初めての人でも使いやすいです。

ハイドロキノンの種類
  • 純ハイドロキノン
  • …他の成分が混ざっていない、純度の高いハイドロキノン。美白効果が高いものの、安定性が低い&肌への刺激が強いため、使用時は医師の診察・処方が必要。


  • 安定化ハイドロキノン
  • …ハイドロキノン以外の成分が加えられたもの。濃度が低くなるため美白効果は劣るが、組み合わせ次第で安定性を高めたり肌に負担をかけない製品にもなる。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
ほかにも、顔全体のくすみが気になる人は「コウジ酸」、肝斑を改善したい人は「トラネキサム酸」を配合した美白コスメがピッタリですよ。

美白コスメの使い方

美白コスメ選びのポイント

美白コスメを使うなら、少しでも効果の出る使い方をしたいですよね。

ちょっとしたコツを実践するだけでシミを薄くする効果がアップするので、ぜひ試してみてください!

1.使用量を守り、ムラなく使う

スキンケアアイテムには商品ごとに使用量の目安が設定されていますが、美白コスメの場合は特に推奨された分量をしっかり守ることが大切です。

使用量が少ないと…
全顔使用のコスメの場合、使用量が少ないと塗りムラの原因につながります。
そして、塗りムラは美白効果のムラにもなるので、きれいなお肌から遠ざかってしまうことに。

パッと見ではシミができていない部分にも、隠れたシミ予備軍が潜んでいることもあります。

美白コスメで目には見えないメラニン色素へアプローチして、新しいシミの予防もしていきましょう!

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
シミが特に気になる部分は、顔全体に均一に塗った後に重ねづけするというテクニックもありますよ。

2.手のひらや指の腹で優しくおさえる

スキンケアの基本は「やさしく」「ていねいに」行うことです。

スキンケアで肌に刺激を与えると…
こすったり叩いたり、肌に刺激を与えたりするスキンケアは色素細胞(メラノサイト)を刺激する物質を作り出してしまう恐れが。

メラニンの過剰生成にもつながるので、なるべく避けましょう。

また、お肌に美白コスメを塗るだけより、その後にひと手間かけてハンドプレスしてあげたほうが、肌に馴染みやすく成分の浸透力がアップします。

ハンドプレスとは?

化粧水や美容液などを塗った後に、手のひらで顔を包み込むように押さえる工程。
目・鼻・口まわりは指の腹を使うとさらにgood。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
化粧水をパンパンとはたき込むパッティングという手法もありますが、肌への刺激となってしまうため、あまりおすすめはできません。

3.継続して使う

美白コスメは最低でも1ヵ月、長ければ3ヵ月ほど継続して使うことで、効果を発揮するアイテムです。

どうしてすぐに効果が出ないの?
シミを薄くする美白成分は、肌の内側にあるシミの元のメラニン色素や、メラニンを生成する仕組みに少しずつアプローチしていきます。

また、メラニンを排出するターンオーバーは30代の健康な肌でも28日程度の周期。
年を重ねるとさらに周期は長くなるため、使ってすぐにシミが消えるわけではないのです。

ちなみに、紫外線ダメージの多い夏場だけ美白コスメを使う方もいますが、できれば1年を通して使うことをおすすめします。

美白コスメにはシミを予防する効果もあり、できてしまったシミを薄くすることよりも、予防することの方が簡単だからです。

プチプラ美白コスメでシミ予防!

シミの予防を目的として美白コスメを使うなら、プチプラのものがgood。

たくさんの種類が販売されている中から、美白有効成分を配合していて、ライン使いできるシリーズを2つピックアップしてみました。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
「シミ対策を始めたいけど、何を使ったらいいか分からない…」と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。
肌ラボ「白潤 薬用美白シリーズ」
肌ラボ「白潤 薬用美白」商品画像
商品名 内容量 参考価格(Amazon)
白潤薬用美白化粧水 170mL
ボトル入り:690円(税込)
つめかえ用:613円(税込)
白潤薬用美白化粧水
しっとりタイプ
170mL
ボトル入り:690円(税込)
つめかえ用:613円(税込)
白潤薬用美白乳液 140mL
ボトル入り:690円(税込)
つめかえ用:613円(税込)
白潤薬用美白クリーム 50g
1,120円(税込)
成分を見る

・白潤薬用美白化粧水
<有効成分>
アルブチン
<その他の成分>
ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE、ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)、BG、濃グリセリン、ソルビット液、POPメチルグルコシド、コハク酸2Na、コハク酸、VP・スチレン共重合体エマルション、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、パラベン

・白潤薬用美白化粧水しっとりタイプ
<有効成分>
アルブチン
<その他の成分>
ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE、ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)、DPG、濃グリセリン、ソルビット液、POPメチルグルコシド、ジグリセリン、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、TEA、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、BG、VP・スチレン共重合体エマルション、パラベン

・白潤薬用美白乳液
<有効成分>
アルブチン
<その他の成分>
ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE、ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)、DPG、α-オレフィンオリゴマー、濃グリセリン、トリオクタン酸グリセリル、メドウフォーム油、ジグリセリン、BG、ベヘニルアルコール、カルボキシビニルポリマー、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、ステアリン酸ソルビタン、イソステアリン酸POE(20)ソルビタン、水酸化K、エデト酸塩、フェノキシエタノール、パラベン

・白潤薬用美白クリーム
<有効成分>アルブチン
<その他の成分>ビタミンCリン酸Mg(ビタミンC誘導体)、ヒアルロン酸Na-2、DPG、ジグリセリン、スクワラン、濃グリセリン、メドウフォーム油、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、カルボキシビニルポリマー、イソステアリン酸POE(20)ソルビタン、モノステアリン酸グリセリン、キサンタンガム、EDTA-Na、水酸化Na、ピロ亜鉛酸Na、フェノキシエタノール、パラベン

肌ラボ「白潤薬用美白シリーズ」は、医薬部外品として認められている有効成分の高純度アルブチンを配合した薬用美白化粧品です。

肌ラボ「白潤薬用美白シリーズ」の美白成分

他にも、ヒアルロン酸やビタミンC誘導体などのうるおい成分も配合。

メラニンや角質層にアプローチして、シミの発生を抑えながら透き通った肌へと整えてくれます。

肌ラボ「白潤薬用美白シリーズ」3つの美白ステップ

  1. 白潤薬用美白化粧水
  2. …通常タイプとしっとりタイプがあり、好みや肌質に合わせて選べる

  3. 白潤薬用美白乳液
  4. …メラニンの生成を抑えながら、保湿ケアもしっかり行える

  5. 白潤薬用美白クリーム
  6. …サラッと伸びる使いやすいテクスチャ

すべてのアイテムにアルブチン、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体が含まれているのが嬉しいポイント。

プチプラなのでコストを気にせずたっぷり使えます。

 

オルビス「アクアフォースホワイトシリーズ」
オルビス「アクアフォースホワイト」商品画像
商品名 内容量 価格
【洗顔料】
アクアフォースホワイトウォッシュ
120g
1,760円(税込)
【化粧水】
アクアフォースホワイトローション
180mL
ボトル入り:1,980円(税込)
つめかえ用:1,760円(税込)
【保湿液】
アクアフォースホワイトモイスチャー
50g
ボトル入り:2,200円(税込)
つめかえ用:1,980円(税込)
成分を見る

アクアフォースホワイトウォッシュ 120g

【有効成分】グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール液、アルキルグリコシド、BG、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、PCAイソステアリン酸POEグリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル、カルボキシメチルセルロースNa、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体
販売名:アクアフォース ホワイト ウォッシュ

アクアフォースホワイトローション ボトル入り L(さっぱりタイプ) 180mL

【有効成分】3-O-エチルアスコルビン酸 【その他の成分】水、DPG、エタノール、ノバラエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、アラニン、グリシン、セリン、BG、クエン酸、クエン酸Na、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、メチルパラベン
販売名:アクアフォース ホワイト ローション L

アクアフォースホワイトローション ボトル入り M(しっとりタイプ) 180mL

【有効成分】3-O-エチルアスコルビン酸 【その他の成分】水、グリセリン、BG、DPG、PEG(80)、ジグリセリン、ノバラエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、アラニン、グリシン、セリン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、クエン酸、クエン酸Na、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン
販売名:アクアフォース ホワイト ローション M

アクアフォースホワイトローション つめかえ用 L(さっぱりタイプ) 180mL

【有効成分】3-O-エチルアスコルビン酸 【その他の成分】水、DPG、エタノール、ノバラエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、アラニン、グリシン、セリン、BG、クエン酸、クエン酸Na、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、メチルパラベン
販売名:アクアフォース ホワイト ローション Lつめかえ用

アクアフォースホワイトローション つめかえ用 M(しっとりタイプ) 180mL

【有効成分】3-O-エチルアスコルビン酸 【その他の成分】水、グリセリン、BG、DPG、PEG(80)、ジグリセリン、ノバラエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、アラニン、グリシン、セリン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、クエン酸、クエン酸Na、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン
販売名:アクアフォース ホワイト ローション Mつめかえ用

アクアフォースホワイトモイスチャー ボトル入り L(さっぱりタイプ) 50g

【有効成分】ビタミンC・2-グルコシド、グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、BG、グリセリン、エタノール、ジグリセリン、PEG(120)、ノバラエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、アラニン、グリシン、セリン、クインスシードエキス、キサンタンガム、水酸化K、カルボキシビニルポリマー、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン
販売名:アクアフォース ホワイト モイスチャー L

アクアフォースホワイトモイスチャー ボトル入り M(しっとりタイプ) 50g

【有効成分】ビタミンC・2-グルコシド、グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、BG、グリセリン、PEG(120)、ジグリセリン、ノバラエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、アラニン、グリシン、セリン、クインスシードエキス、キサンタンガム、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、水酸化K、カルボキシビニルポリマー、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン
販売名:アクアフォース ホワイト モイスチャー M

アクアフォースホワイトモイスチャー つめかえ用 L(さっぱりタイプ) 50g

【有効成分】ビタミンC・2-グルコシド、グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、BG、グリセリン、エタノール、ジグリセリン、PEG(120)、ノバラエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、アラニン、グリシン、セリン、クインスシードエキス、キサンタンガム、水酸化K、カルボキシビニルポリマー、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン
販売名:アクアフォース ホワイト モイスチャー Lつめかえ用

オルビスの「アクアフォースホワイトシリーズ」は即効性と持続性、2種類のビタミンC誘導体を配合し、シミのできにくい肌を作ってくれる美白コスメ

持続性ビタミンC誘導体と即効性ビタミンC誘導体

継続して使うことで、みずみずしく透明感のある肌へ導いてくれます。

オルビス「アクアフォースホワイトシリーズ」3つの美白ステップ

  1. アクアフォースホワイトウォッシュ(洗顔)
  2. …もっちりとした泡で、優しく角質をオフ

  3. アクアフォースホワイトローション(化粧水)
  4. …即効性ビタミンC誘導体がスピーディに浸透し肌を潤す

  5. アクアフォースホワイトモイスチャー(美容液)
  6. …ジェル状のテクスチャで潤いを保ちながら、持続性ビタミンC誘導体がじっくり浸透

肌質や好みに合わせて、さっぱりタイプとしっとりタイプを選べるラインナップも嬉しいポイント。

ローションとモイスチャーのライン使いをしてこそ、真価を発揮するラインです。

 

できてしまったシミを集中ケア

夏の強い紫外線や、秋冬の乾燥ですでにシミができてしまったという人は、ハイドロキノン配合の美白コスメでケアするのがおすすめです。

ハイドロキノンとは?

”肌の漂白剤”とも呼ばれる、シミ消し効果の高い成分。
反面、肌荒れや白斑など副作用の恐れがあるので用法・用量に注意が必要。

蓄積・黒色化してしまったメラニンにアプローチするので、使えば使うほどシミが改善していきます。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
美白成分のハイドロキノン以外にも、肌整成分や保湿成分もしっかり配合したアイテムを選ぶのがポイント。
シミが薄くなりやすい・できにくい肌を作ってくれますよ。
ビーグレン「ホワイトケア」
ビーグレン「ホワイトケア」商品画像

7日間トライアル価格:1,800円(税抜)

セット内容 ・クレイウォッシュ(15g)
・QuSomeローション(20mL)
・Cセラム(5mL)
・QuSomeホワイトクリーム1.9クリーム(5g)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
特典 ・送料無料
・365日返金保証
・初回購入でリセットマスクをプレゼント
・定期便注文10%OFF
成分を見る

クレイウォッシュ
水, モンモリロナイト, イソノナン酸エチルヘキシル, ソルビトール, BG, ココイルグルタミン酸Na, ペンチレングリコール, ココイルグルタミン酸TEA, 尿素, スクワラン, ヒアルロン酸Na, グリチルリチン酸2K, アロエベラ葉エキス, カミツレ花エキス, クズ根エキス, クロレラエキス, カプリロイルグリシン, エチルヘキシルグリセリン, クオタニウム-73, EDTA-2Na, フェノキシエタノール

QuSomeローション
水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

Cセラム
PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

QuSomeホワイトクリーム1.9
水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG−55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na

QuSomeモイスチャーリッチクリーム
水, スクワラン, ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, BG, プロパンジオール, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, セタノール, ステアリン酸グリセリル, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, メトキシヒドロキシフェニルイソプロピルニトロン, トリフルオロ酢酸ビオチニルヒスチジルD-トリプトファニルジペプチド-29リシンアミド, パルミトイルテトラペプチド-7, ダイズ芽エキス, アセチルテトラペプチド-2, ジグルコシル没食子酸, オリゴペプチド-6, セラミドNP, アラントイン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ヒアルロン酸Na, トコフェロール, 加水分解コラーゲン, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, コレステロール, ステアラミドプロピルジメチルアミン, シクロヘキシルグリセリン, エチルヘキシルグリセリン, バチルアルコール, ベヘニルアルコール, ペンチレングリコール, パルミチン酸, パルミチン酸セチル, クエン酸, クエン酸Na, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, フェノキシエタノール

ビーグレン「ホワイトケア」は独自の浸透テクノロジー「QuSome」を採用した美白コスメです。

QuSome化ハイドロキノンのロゴ
「QuSome」とは?

医療目的で開発された技術、ドラッグデリバリーシステム(DDS)応用して発明された新時代の浸透テクノロジー。

  • 肌に馴染みやすい
  • …水溶性・脂溶性の成分を交互に重ね合わせ、複数の成分が同時にアプローチ。

  • 角層の奥まで浸透
  • …皮脂に近い成分を使用しており、本来浸透しにくい成分もしっかり届く。

  • 効果が長時間持続
  • …層を重ねることで「スローリリース機能」を実現し、成分を徐々に、長時間放出。

  • 肌に優しい
  • …超微小のカプセルで成分を包み、肌への負担を抑えながら安定した効果を発揮。

肌に馴染みにくいビタミンC、負担をかけやすいハイドロキノンなどを超微小カプセルで包み込むことで、安全・確実なスキンケアを実現しています。

他の美白コスメでは効果が感じられなかったという人からも支持されている、実力派のラインです。

ビーグレン「ホワイトケア」5つの美白ステップ

  1. クレイウォッシュ(洗顔)
  2. …汚れや古い角質をしっかり落とす天然クレイを配合

  3. Qusomeローション(化粧水)
  4. …ビタミンC誘導体を2種類配合し、透明感のある肌に

  5. Cセラム(美容液)
  6. …即効性の高いピュアビタミンCで新しいシミを防ぐ

  7. Qusomeホワイトクリーム1.9(美白クリーム/夜用)
  8. …独自の浸透テクノロジーでハイドロキノンを届ける

  9. Qusomeモイスチャーリッチクリーム(保湿クリーム)
  10. …うるおいを与えて、年齢に負けない肌を作る

夜は5ステップ、朝は4ステップのスキンケアで、できてしまったシミや顔のくすみ、目に見えないシミ予備軍にまでアプローチしてくれます。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
ハイドロキノンは紫外線を浴びると副作用や色素沈着を起こしやすいので、「Qusomeホワイトクリーム1.9」は夜のみ使用にしてくださいね。

これから美白ケアを始めたいなら、71%OFF相当オトクなトライアルセットがおすすめなので要チェック。

 

アンプル―ル「ラグジュアリーホワイト」トライアルキット
アンプル―ル「ラグジュアリーホワイト」トライアルキットの商品画像

初回限定トライアル価格:1,500円(税込)

セット内容 ・コンセントレートHQ110(3mL)
・ローションAO II(20mL)
・薬用アクティブフォーミュラ II(8mL)
・エマルジョンゲルEX(10g)
・クレンジングミルクN(2包)
・ウォッシングフォームN(2包)
初回購入特典 ・全国送料無料
・支払い手数料無料
・30日間返金保証
成分を見る

・コンセントレートHQ110
ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、DPG、セタルコニウムクロリド、ハイドロキノン、BG、ビサボロール、水、エチルセルロース、カンゾウ根エキス、ムラサキ根エキス、チオクト酸、ゲンチアナ根エキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、フェノキシエタノール、香料

・ローションAO II
水、ラフィノース、ポリソルベート60、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、アルギニン、マンニトール、グルコン酸Na、ラウロイルラクチレートNa、PCA-Na、加水分解コラーゲン、ハイドロキノン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ゲンチアナ根エキス、クズ根エキス、グルコシルルチン、プラセンタエキス、アロエベラ葉エキス、グリチルリチン酸2K、クロレラエキス、コレステロール、水添レシチン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、フェルラ酸、ワルテリアインディカ葉エキス、キサンタンガム、ダイズステロール、3-O-エチルアスコルビン酸、アリストテリアチレンシス果実エキス、ブドウ葉/種子/皮エキス、レスベラトロール、ムラサキ根エキス、チオクト酸、カルボマー、シクロデキストリン、デキストリン、セタルコニウムクロリド、クエン酸、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、香料
・薬用アクティブフォーミュラ II

・エマルジョンゲルEX
水、BG、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、ペンチレングリコール、イソノナン酸イソノニル、スクワラン、ベヘニルアルコール、ジメチコン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、シア脂、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸グリセリル、カルボマー、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ステアロイルラクチレートNa、トコフェロール、アルブチン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、アクリル酸アルキルコポリマー、セレブロシド、ピリドキシンHCl、プラセンタエキス、ミリスチン酸オクチルドデシル、グルコシルルチン、グリチルレチン酸ステアリル、カニナバラ果実油、加水分解コラーゲン、リンゴ果実培養細胞エキス、パルミチン酸レチノール、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、ユビキノン、キハダ樹皮エキス、シクロデキストリン、コーン油、(VP/ポリカルバミルポリグリコール)エステル、ヒアルロン酸Na、キサンタンガム、カルボキシメチル-β-グルカンNa、ミルシアリアデュビア果実エキス、ムラサキ根エキス、クダモノトケイソウ果皮エキス、ソルビトール発酵多糖、ザクロ果実エキス、イチゴ種子エキス、トマト果実エキス、アセロラ種子エキス、チオクト酸、レシチン、水添レシチン、水酸化Na、フェノキシエタノール

・クレンジングミルクN
水、イソノナン酸イソノニル、DPG、シクロメチコン、スクワラン、イソステアリン酸PEG-15グリセリル、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸PEG-5グリセリル、PEG/PPG-25/30コポリマー、(C13,14)イソパラフィン、カルボマー、カプリリルグリコール、PEG-12ジメチコン、酢酸トコフェロール、グリチルリチン酸2K、PCAオクチルドデシル、BG、アルギニン、マンニトール(小麦由来)、グリセリン、グルコシルルチン、アルブチン、グルコン酸Na、ムラサキ根エキス、ゲンチアナ根エキス、水添レシチン、加水分解コラーゲン、ワサビノキ種子エキス、コトジツノマタ/ミツイシコンブ/ヒトエグサ葉状体エキス、ワルテリアインディカ葉エキス、フェルラ酸、デキストリン、プラセンタエキス、クズ根エキス、ダイズステロール、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、3-O-エチルアスコルビン酸、チオクト酸、アリストテリアチレンシス果実エキス、ブドウ葉/種子/皮エキス、レスベラトロール、テトラヒドロキシプロピルエチレンジアミン、バチルアルコール、ベヘニルアルコール、ポリアクリルアミド、ラウレス-7、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸4Na、フェノキシエタノール、プロピルパラベン、メチルパラベン、赤504、香料

・ウォッシングフォームN
ミリスチン酸、水、グリセリン、水酸化K、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸、ソルビトール、ラウロイルメチルアラニンNa、ジステアリン酸グリコール、グリコシルトレハロース、BG、ラウリン酸、ラウラミドプロピルベタイン、加水分解水添デンプン、ステアロイルグルタミン酸2Na、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、ホホバ種子油、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、アルギニン、オリーブ果実油、マンニトール、グルコシルルチン、シアノコバラミン、グルコン酸Na、加水分解コラーゲン、ゲンチアナ根エキス、水添レシチン、コトジツノマタ/ミツイシコンブ/ヒトエグサ葉状体エキス、アルブチン、ワサビノキ種子エキス、プラセンタエキス、デキストリン、フェルラ酸、ワルテリアインディカ葉エキス、クズ根エキス、ダイズステロール、3-O-エチルアスコルビン酸、アリストテリアチレンシス果実エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、チオクト酸、ブドウ葉/種子/皮エキス、レスベラトロール、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、香料

アンプル―ル「ラグジュアリーホワイト」は、ハイドロキノンを特殊な物質「BCDAC」で取り囲み、長く安定した効果を発揮できるようにした「新安定型ハイドロキノン」を配合しています。

新安定型ハイドロキノンのイメージ図

酸化や光・熱による劣化を防ぐとともに、角質層内で浸透しながら徐々に外れて成分を放出していくので、高い効果を実現。

また、アンプルールの製品は新安定型ハイドロキノンやハイドロキノン誘導体(アルブチン)を含んだアイテムが多いことも特徴的です。

アンプル―ル「ラグジュアリーホワイト」の美白6ステップ
  1. クレンジングミルクN(メイク落とし)
  2. …肌に負担をかけずにメイクオフできる濃厚ミルクタイプのクレンジング。

  3. ウォッシングフォームN(洗顔)
  4. …ハイドロキノン誘導体やプラセンタエキス、浸透型コラーゲンなどを配合した潤う洗顔フォーム。

  5. ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110(スポット美容液)
  6. …マイクロカプセル化したハイドロキノンをたっぷり配合。洗顔後すぐ使用するタイプの夜用美容液。

  7. ラグジュアリーホワイトローションAO II(化粧水)
  8. …新安定型ハイドロキノンなどの美容成分をたっぷり配合。

  9. ラグジュアリーホワイト薬用アクティブフォーミュラ II(薬用美白美容液)
  10. …24時間アプローチ可能な独自のアクティブホワイターを採用した医薬部外品。メラニンの生成を抑え、肌環境を整える。

  11. ラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEX(美容乳液ゲル)
  12. …保湿・エイジングケアを一気に行える独自のフォーミュラ。

「ラグジュアリーホワイト薬用アクティブフォーミュラ II」は厚生労働省が定めた薬機法による医薬部外品の基準を満たしたアイテム。

ライン使いを継続するほどに効果を実感できるため、トライアルキットはクレンジングや洗顔フォームも含めた6点のセットになっています。

市販の内服薬でシミ改善

シミ消し内服薬のイメージ画像

自分でできるシミ対策には、美白コスメなどで肌からアプローチするほかにも、市販の内服薬(飲み薬)という選択肢があります。

内服薬だけで効果が表れることもありますし、美白コスメと合わせて使うことで相乗効果が得られる場合も。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
今までの美白ケアでは物足りなく感じている人や、何から始めたらいいか迷っている人はぜひこの機会に試してみてくださいね。
内服薬によるシミ対策の特徴
  • 飲むだけで手軽にできる
  • 副反応が少なく、肌荒れやニキビがあっても使える
  • 他のシミ対策と併用できる
  • 顔以外のシミにもアプローチしてくれる

シミに効く飲み薬は医療機関を受診して処方してもらうものもありますが、ドラッグストアや通販などで購入できる市販品も複数登場しています。

アイテムの選び方はこれから説明していくので、参考にしてみてください。

内服薬の有効成分とは

実は、内服薬と、塗り薬や美白コスメでシミに効く有効成分は異なります

内服薬の場合は種類が限られているので、それほど迷わず製品を決められるでしょう。

内服でシミに効果のある成分
  • トラネキサム酸
  • …特に肝斑に効果のある成分で、人工合成されたアミノ酸の一種。炎症を抑える働きがあり、シミ対策のほかにも口内炎やじんましんの治療に使われることもある。


  • L-システイン
  • …抗酸化作用や肌代謝を整える働きを持つ成分。シミ対策のほか、ニキビや肌荒れにも効く。


  • ビタミンC
  • …シミの元になるメラニンの生成を抑制・還元する作用がある。果物などに多く含まれるものの、体内に留めていくことができないためコンスタントな接種が必要。


  • ビタミンE
  • …ビタミンCのはたらきを高める効果を持つ。肌環境を悪化させる活性酸素を抑える作用も。

トラネキサム酸は特に肝斑に効果のある成分ですが、抗炎症作用も持つのでニキビ跡の治療などで処方されることもあります。

市販の内服薬にはL-システインが主成分として配合されているものがほとんど。

ビタミンC、ビタミンEは、定期的に摂取することでシミの元となるメラニンにアプローチしてくれます。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
内服薬は基本的に1日2,3回の服用で、タイミングは飲みやすいときでOK。
食前・食後のどちらでもいいので、気軽ですね。

処方薬と市販薬どっちがいい?

内服薬には病院を受診すると出してもらえる「処方薬」と、ドラッグストアや通販で購入できる「市販薬」の2種類があります。

気軽に始めたいなら購入しやすい市販薬がおすすめですが、少しでも高い効果を求める人は処方薬の方が合っているかも。

メリット デメリット
市販薬 ・ドラッグストアや通販で買える
・1度に飲む量が少なめ
・効果がやや穏やか
・瓶入りのものは携帯しにくい
処方薬 ・シミや肌質に合った薬を選んでもらえる
・市販薬より効果が表れやすい
・定期的な受診が必要
・自由診療なのでコストがかかることも

市販薬は1錠に複数の成分をブレンド配合しているものが多いので、それだけ飲めばOKという手軽さが嬉しいポイント。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
逆に、成分の過剰摂取や副作用を避けるため、複数の市販薬を組み合わせて飲むことはNGなので注意してくださいね。

処方薬の場合は成分ごとに異なる錠剤を処方され、一度にいくつかの錠剤を合わせて服用することになります。

1錠あたりの成分量が多めなので市販薬より早く効果が表れやすいのですが、通院の手間や費用がややネック

まずは市販薬から始めてみるのが、手軽なのでオススメです。

 

ハイチオールCホワイティア(第三類医薬品)
ハイチオールCホワイティアの商品画像

希望小売価格:1,650円(税抜)

販売価格(税抜)

40錠:1,650円
120錠:4,500円

用法 1日2回
容量 成人(12歳以上):2錠
7歳~14歳:1錠
7歳未満:服用しないこと
効果・効能 しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
全身倦怠
二日酔い
にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ
成分 L-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC)、パントテン酸カルシウム、無水ケイ酸、セルロース、乳酸Ca、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、マクロゴール、ステアリン酸Ca、タルク、酸化チタン、トウモロコシデンプン、酒石酸、ジメチルポリシロキサン、二酸化ケイ素、ポリビニルアルコール・アクリル酸・メタクリル酸メチル共重合体

ハイチオールCホワイティアは老人性色素斑や色素沈着、雀卵斑(そばかす)などのシミ改善におすすめの飲み薬です。

美白有効成分のL-システインとビタミンCが身体の中から効き、シミの元となるメラニンを無色化・排出してくれます。

ハイチオールCホワイティアの3つの作用
シミに効く3つの作用
  1. メラニンの過剰生成を抑制
  2. …L-システインがメラニン過剰生成の原因となる活性酸素の働きを抑える

  3. 黒色メラニンを還元
  4. …ビタミンCとL-システインの働きでメラニンを無色化する

  5. メラニンの排出
  6. …ターンオーバーを正常化し、メラニンを体外へ排出する

用法・用量通りの服用で、120錠が1か月分になります。

スキンケアになかなか時間をかけられない人や、食事のバランスが崩れがちな人に特におすすめです。

 

第一三共ヘルスケア「トランシーノⅡ」(第一類医薬品)
第一三共ヘルスケア「トランシーノⅡ」の商品画像

希望小売価格:1,980円(税込)

販売価格(税込)

60錠:1,980円
120錠:3,740円
240錠:6,930円

用法 1日2回
容量 成人(15歳以上):2錠
15歳未満:服用しないこと
成分 本剤は、4錠中に次の成分を含有しています。
〔成 分〕 〔分 量〕
トラネキサム酸 750mg
L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 300mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 6mg
パントテン酸カルシウム 24mg添加物:乳酸Ca、結晶セルロース、クロスカルメロースNa、
ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、
マクロゴール、タルク、酸化チタン、三二酸化鉄、カルナウバロウ

トランシーノⅡは市販のシミケア内服薬で唯一、トラネキサム酸を配合しているアイテム。

左右対称にモヤッと表れる肝斑に対して効果を発揮してくれます。

肝斑に効く3つの成分
  1. トラネキサム酸
  2. …メラノサイト活性因子のプラスミンに作用しメラニンを作らせない

  3. L-システイン
  4. …メラニン生成を促すチロシナーゼの生産や働きをブロックする

  5. ビタミンC
  6. …メラニンの元となるドーパキノンや、黒色化したメラニンを還元する

第一類医薬品なので購入には薬剤師による情報提供が必要です。

服用時も、使用上の注意に従いましょう。

皮膚科やクリニックでシミを消す方法は?

シミ消し施術のイメージ

少しでも早くシミを消すなら、美容皮膚科やクリニックを受診するのがベスト。

ただし、病院で行うシミ対策にもいくつかの方法があり、それぞれ効果の表れ方や治療期間、費用などが異なります。

  • レーザー・光治療
  • …専門の機械を照射してシミの元や細胞にアプローチする方法。高い効果が期待できるが、コストも高め。


  • 外用薬(塗り薬)
  • …シミのある部位に直接塗ることでメラニン色素を淡色化する。レーザー・光治療のアフターケアとしても用いられる。


  • 内服薬(飲み薬)
  • …メラニン色素の生成を抑える効果のある成分を錠剤で摂る方法。ほかの治療法と合わせて使われることも多い。

最もシミを消す効果が高いのがレーザー治療や光治療で、医師の診察や専門の機械・スタッフによる施術を受けることになります。

外用薬や内服薬は市販薬よりも効果の高いものを処方してもらえますが、即効性はなく数ヵ月スパンでの使用が必要です。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法を選ぶことが大切ですよ!

レーザー・光治療

なるべく早く、キレイにシミを消すなら、美容皮膚科やクリニックで受けられるレーザー治療や光治療を受けましょう。

レーザーや光にも様々な種類があり、シミの種類・大きさ・色の濃さなどによって最適な方法はそれぞれです。

レーザーと光の違いは?

よく耳にする”レーザー”と”光”はそれぞれ波長とパルス幅が異なる別のものです。

「波長」「パルス幅」とは?

波長は照射した光の長さ、パルス幅は光の照射時間のことです。
パルス幅は長いと広範囲に効果が広がり、短いとピンポイントな照射となります。

シミのレーザー治療の波長とパルス幅 シミの光治療の波長とパルス幅
レーザー
波長 黒色や赤色の色素に反応する波長を使い分ける 様々な種類の光を同時に照射できる
パルス幅 深くて狭い、短いパルス幅 浅くて広い、長いパルス幅
効果のあるシミ ・老人性色素斑
・炎症性色素沈着
・肝斑
・雀卵斑(そばかす)
RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
効果の表れ方や相性の良い肌トラブルも異なるので、医師による診察やカウンセリングを受けてから、治療方針を決めるのが一般的です。

レーザー・光治療のメリット&デメリット

レーザーと光治療にはそれぞれメリットデメリットが存在します。

自分のライフスタイルに応じた施述プランを選べるといいですね。

レーザー
メリット ・威力が高い
・ピンポイントでシミが消せる
・初期のしみや、顔全体のトーンアップに効果的
・ダウンタイムがほぼない
デメリット ・1週間以上のダウンタイムがある
・施述後の日焼け対策を怠ると、逆にシミが悪化する
・数回に分けて通う必要がある
ダウンタイムについて

レーザー治療でシミを消す場合、施術後1週間程度は赤みやかさぶたができることがあります。
肌もデリケートな状態になっているので日に当てない、保湿をしっかりするなどのアフターケアが大切です。

気になる費用や期間については、レーザー・光のどちらも、シミの大きさ・数・治療の回数でバラツキがあります。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
そもそもシミ消しの施術は保険適用外の自由診療です。1回数千円でできるクリニックもあれば、1,2万円ほどかかるところも。

一度ですべてのシミがきれいになるわけではないので、2,3ヵ月から半年ほどかかるのが一般的です。

特に「肝斑」や「雀卵斑(そばかす)」は期間が長くかかりがちで、体質によっては再発する場合もあるので注意して。

外用薬(塗り薬)でシミ治療

シミ消し外用薬のイメージ画像

レーザー・光治療を行わなくても、美白有効成分を含む医療用の外用薬を肌に直接塗ってシミを改善する方法もあります。

病院で処方される外用薬
  • ハイドロキノンクリーム
  • …肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンを含み、メラニンを生成するメラノサイトの活動を抑制する効果がある。高濃度になるにつれ刺激が強く、5%以上では発がん性のリスクも生じる。


  • トレチノインクリーム
  • …表皮深部にあるメラニン色素を排出してくれるトレチノインを含み、できてしまったシミを薄くする。

どちらも使ってすぐシミが消えるような即効性はないものの、レーザー・光治療と比べて安価で行えるのが特徴。

ただし、肌質によっては赤みやかぶれが出ることもある薬なので、トラブルが生じたらすぐに医師へ相談しましょう。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
効果の表れ方や副反応の有無を確認するために、2週間から1ヵ月スパンでの受診を進められることが多いので、その点は忘れずに。

また、外用薬は紫外線に当てると色素沈着を起こしてしまうことも。

使うタイミングや塗る範囲などの指示はしっかりと守り、普段よりも日焼け対策を入念に行ってくださいね。

市販薬との違いは?

いわゆるシミ消しクリームには、3つの種類があります。

  1. 医療用医薬品
  2. …医師の診察・処方に基づき、薬剤師が調剤する薬。いわゆる処方薬。

  3. 医薬部外品
  4. …薬機法の基準を満たした製品で、美白の場合は「予防・改善」の効果が認められている。薬用と表記されることも。

  5. 化粧品
  6. …肌の調子を整えるための成分が配合された製品。

シミ消しの効果が高いハイドロキノンは、医療用医薬品としては認められていますが、安全性の面で医薬部外品への配合は認められていません

そのため、ハイドロキノンを配合した市販品は化粧品の扱いとなります。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
効果が高い反面、副作用もあるハイドロキノン。医師の診察を受けられる処方薬は濃度が高く、市販品は濃度が低めのものがほとんどです。

海外輸入品のハイドロキノンクリームの中には高濃度のものもありますが、安全性を考えると国産のものを選ぶのがおすすめ。

濃度が低めのハイドロキノンクリームは効果も緩やかなぶん、副作用も表れにくい・軽めです。

初めて使うなら医師の診察を受けるか、濃度の低い製品を選ぶようにしましょう。

内服薬(飲み薬)でシミ治療

クリニックや病院では、内服薬を使って身体の内側からシミを治療する場合も。

内服薬として処方される薬にはいくつかの種類があります。

シミ治療に使われる内服薬の例
  • トラネキサム酸
  • …メラノサイトを活性化させる因子の生成を抑制する効果がある。肝斑や、炎症性色素沈着に特に効果を発揮。


  • ユベラ
  • …ターンオーバーを促進するビタミンEを配合した内服薬。できてしまったシミを淡色化する効果が期待できる。


  • シナール
  • …ビタミンCやビタミンB5を含み、シミの生成を抑える。肌の状態を整える効果も。


  • ハイチオール
  • …様々な肌トラブルに効果のある成分、L-システインを配合。メラニンの生成を抑えてくれる。

複数種類の薬を組み合わせて処方されることが多く、市販の内服薬よりも有効成分の含有量が多いのが特徴です。

シミの予防・改善を目的として、他の治療方法と合わせて行うことも珍しくはありません。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
内服薬は副作用が少ないのも大きな特徴。定期的に摂取することで効果を発揮するので、飲み忘れには注意しましょう。

クレンジング・洗顔でシミ改善

スキンケアでシミ対策

シミを消したい、薄くしたいなら、肌環境やターンオーバーを整えることも心がけてみて。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
そして、そのために重要なポイントとなるのが、日々のクレンジングや洗顔の手順です。

どんなに高いコスメを使っていても、その方法が間違っていたら効果は半減してしまいます。

場合によっては、かえって肌に負担をかけていることもあるので、この機会に見直してみてくださいね。

クレンジング剤の選び方

クレンジング剤でシミケア

メイクオフに必要なクレンジング剤は、選び方を間違えるとお肌に大きなダメージを与えてしまう可能性が。

クレンジングを変えただけでお肌の調子が整う方もいるくらい、重要なアイテムなんですよ。

おすすめのクレンジング剤
  • オーガニック系のオイルクレンジング
  • …ウォータープルーフのマスカラやベースメイクをしっかりする人向け。オイルの力でしっかりメイクオフしつつ、天然由来の成分でお肌に負担をかけずにサッパリ。


  • 保湿成分入りのミルククレンジング
  • …メイクは薄めの方や、肌トラブルを起こしやすい人向け。肌への負担が軽いぶん洗浄力も低めなので、ポイントメイクだけオイルを使うという選択肢も。


  • 洗い流すタイプのクリームクレンジング
  • …オイルとミルクの中間的位置づけで、大きな負担はかけずに、やや濃いめのメイクも落とせるタイプ。

いずれも、極端に安いと合成の洗浄成分が多く含まれている場合があります。肌への刺激となってしまうので、成分にも注意しながら選びましょう。

肌に刺激を与える洗浄成分とは?

メイクを落とすために配合される界面活性剤ですが、石油系の合成界面活性剤は肌に負担をかけるため、避けましょう。

  • アルキル硫酸塩
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル

そのほか、成分名に「スルホン酸」「アンモニウム」ラウリル」「クロリド」「TEA」と付くものも石油系の合成界面活性剤です。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
また、メイクとクレンジングの馴染みを良くするオイル成分にも要注意。「ミネラルオイル」は炭化水素油系で脱脂力が強すぎるため、避けてください。

おすすめできないクレンジング剤

  • ふき取りタイプ
  • リキッドタイプ
  • ジェルタイプ

「ふき取りタイプ」はコットンやシートで肌の表面をこすることになるので、摩擦で肌に負担をかけてしまいます

外泊時や出先でメイクオフするなどやむを得ない場合の使用に留めるようにしましょう。

「リキッドタイプ」や「ジェルタイプ」のクレンジングは商品によって特性が異なることも多く、品定めが難しいのであまりおすすめはできません。

使い心地は良くても、必要以上に油分を落としているものなどもあります。

 

シュウウエムラ「アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル」
シュウウエムラ「アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル」の商品画像
容量:価格(税込)
50mL:1,760円
150mL:5,000円
450mL:12,650円
タイプ オイルクレンジング
原材料・成分 トウモロコシ胚芽油、パルミチン酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ミリスチン酸イソプロピル、ジオレイン酸ポリグリセリル-10、ジカプリン酸ポリグリセリル-6、オレイン酸ポリグリセリル-2、メドウフォーム油、フェノキシエタノール、リナロール、スクワラン、ツバキ種子油、ホホバ種子油、ラウロイルサルコシンイソプロピル、サフラワー油、ジカプリリルエーテル、炭酸ジカプリリル、トコフェロール、ゲラニオール、ダイズ油、クエン酸ステアリン酸グリセリル、シア脂、リン脂質、オタネニンジン根エキス、ダイサンチクエキス、クエン酸、香料

シュウウエムラの「アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル」はオイルクレンジングの中でも特に肌に負担をかけずに使えるアイテム。

メイクや汚れを落とすだけでなく、使うほどに肌が整います。

3つの特徴
  1. 約75%配合のスキンケア成分で潤う
  2. 濃いメイクもスルリと落とす洗浄力
  3. 国産の椿オイル(肌整成分)配合
RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
W洗顔が不要なのも大きな特徴です。肌のコンディションを整えてくれるので、朝の洗顔にもオススメ。

 

ちふれ「ウォッシャブル コールド クリーム」
ちふれ「ウォッシャブル コールド クリーム」の商品画像
容量 300g
価格
ボトル入り:715円(税込)
詰替え用:616円(税込)
タイプ クリームクレンジング
成分 ミネラルオイル,エチルヘキサン酸セチル,ワセリン,ステアリルアルコール,ステアリン酸,ダイズ油,PG,ポリソルベート60,ペンタオレイン酸ポリグリセリル-10,メチルパラベン,プロピルパラベン,水酸化K,トコフェロール,Bht,水

プチプラで肌に優しいクレンジングを探しているなら、ちふれの「ウォッシャブル コールド クリーム」がおすすめ。

スルスルと伸びる軽いテクスチャで、マッサージクリームとしても使える品質です。

ちふれ「ウォッシャブル コールド クリーム」の使用手順

メイクオフと洗顔の間にマッサージのひと手間を挟むことで、肌のターンオーバーを整えるなどの効果が期待できます。

 

正しいクレンジングの方法

クレンジングの正しい手順

肌質やメイクに合ったクレンジング剤が見つかったら、クレンジングの方法も見直していきましょう。

製品によってはパッケージや公式サイトに使い方やコツが載っている場合もあるので、そちらも参考にしてみて。

肌に負担をかけないクレンジング方法のコツ
  1. 手と顔が乾いた状態で使う
  2. 摩擦がおこらないように、たっぷりのせる
  3. こすらず、手のひらでなでるように優しくなじませる
  4. 目・鼻・口まわりは指の腹を使う
  5. 乳化も丁寧に行う
  6. すすぎはぬるま湯でしっかりと

濡れた手でも使えるクレンジングも販売されていますが、メイク落ちの効果は低下してしまうので手も顔も乾いた状態で使うようにしましょう。

顔にクレンジング剤をのせるときは、手と顔の肌が擦れないように意識してみて。

また、「乳化」のステップも大切です。

乳化とは?

乳化とは、普通は混ざり合わない性質をもつ油と水を混ぜ合わせる作業のことです。

  • オイルタイプ
  • …顔全体にクレンジングオイルが馴染んだら、指先に少量の水をつけてさらに馴染ませる。白濁してきたら乳化できているサイン。

  • ミルクタイプ
  • …1,2分ほどクルクルとマッサージしている”もったり”したテクスチャに変わる。そこからさらに馴染ませると軽いスルスルした感覚になり、乳化完了。

  • クリームタイプ
  • …すでに乳化してある状態なので、1分程度肌に馴染ませて感触が変わればOK。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
乳化ができていないと、メイク落ちが悪かったり、肌にクレンジング剤が残りやすくなってしまいます。

すすぎは人肌くらいの温度のお湯がベストです。

冷たすぎると顔にクレンジング剤が残りやすく、熱すぎると肌に必要な皮脂が流されてしまうので注意してくださいね。

洗顔のコツは?

洗顔の泡

クレンジングができたら、洗顔のステップへ。

洗顔料は基本的に、他のスキンケアアイテムとのライン使いがおすすめです。

美白成分を含んだものや、ピーリング効果のあるものなど、肌質や好みで選んでもいいでしょう。

洗顔方法5つのポイント
  1. ぬるま湯で顔と手をしっかり濡らす
  2. キメが細かくなるまで泡立てる
  3. 泡で洗うことを意識して、肌同士をこすらせない
  4. すすぎもぬるま湯で、小鼻・あご・生え際に泡が残らないように
  5. タオルドライは優しく押さえるように

洗顔の要は、泡立てにあります。

モコモコの細かい泡のほうが汚れをしっかり落としてくれますし、手のひらで顔をこする動作になりにくいためです。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
泡立てネットを使うと手早く泡が作れるので、泡立てが苦手な人は使ってみて!

シミを消すならライフスタイルも見直そう

青空のイメージ画像

美白コスメや内服薬、病院での治療と合わせて、日々の生活の中で行えるシミ対策もあります。

これらの方法はシミを消えやすくするだけでなく、予防の効果もあるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

UV対策でシミ予防

シミ対策のベースはやはり、浴びる紫外線の量を抑えることにあります。

紫外線対策の方法
  1. 日焼け止めクリームを塗る
  2. …普段使いならSPF値の高いものを使うより、一日2,3回の塗りなおしの方が効果的。

  3. 日傘や帽子を使う
  4. …効果が半永久的に続く”練り込みタイプ”と洗濯を繰り返すことで効果が薄れていく”コーティングタイプ”の2種類がある。

日差しが強くなり始める春先から、対策は始めましょう。

曇り空でも目に見えない紫外線は降り注いでいるので、毎日の習慣にするのがポイント。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
どちらか一方だけでも効果はありますが、できれば両方合わせて行うことで肌への影響を大きく抑えることが可能です。

ストレスもシミの原因に

シミに悩む女性

メラニン色素が黒色化し、さらに蓄積していってしまうのは、ターンオーバーの乱れも大きな要因の一つ。

そして、ターンオーバーの乱れの一因が「ストレス」です。

また、ストレスはメラノサイトに刺激を与える活性酸素の発生にもつながると言われています。

ストレスの種類
  1. 精神的なストレス
  2. 外部刺激による肌へのストレス

シミ対策というと肌や身体へのアプローチを考えがちですが、仕事やプライベートでの精神的なストレスも関わりがあります。

特に肝斑は、ストレスの蓄積で悪化する傾向があることも分かっているんです。

また、なかなか消えないシミにストレスを感じてしまい、悪循環になっているケースも珍しくはありません。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
複数のシミ対策を組み合わせてみたり、専門家に相談したりすることで精神的な負担が軽くなることもあるので、試してみてくださいね。

生活習慣を見直そう

ストレスと通じるところもありますが、生活習慣もターンオーバーの乱れにつながることがあるので要注意。

ターンオーバーの乱れはメラニンの排出を滞らせるため、シミができやすい、消えにくい肌となってしまいます。

ターンオーバーが乱れやすい生活習慣
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 運動不足
  • 過度の飲酒
  • 喫煙
  • 身体の冷え

いきなり生活習慣を大きく変えることは難しいので、できそうなものから少しずつ見直してみて。

スキンケアをがんばってせっかくシミが消えても、生活習慣が乱れていることで再発してしまってはもったいないですよね。

病院でも、治療と合わせて生活習慣の改善を指導されるケースもあります。

食べ物からシミ対策

シミに効くフルーツのイメージ画像

内服薬でシミに効く成分を摂取する方法も紹介しましたが、美白成分は食品から摂ることもできます

食生活の見直しと合わせて、シミ改善に効く食材や栄養素を取り入れてみましょう。

美白効果のある栄養素

美白効果のある栄養素やその効果、おすすめの食材などを簡単に紹介していきます。

普段の食生活を振り返りながら、チェックしてみてくださいね。

ビタミンC

レモン、キウイ、イチゴなど
レモンのイラスト

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えたり、色を薄くしてくれる成分です。
水溶性なので生で食べるか、スープやゼリーなど煮汁も食べる調理にするのがポイント。
摂取してもすぐに排出されてしまうので、毎日コツコツ摂る必要があります。

ビタミンE

アボカド、蕎麦など
アボカドのイラスト

メラニンを生成を促進する活性酸素の働きを抑える働きを持っているビタミンE。
ビタミンCと合わせて摂ることで相乗効果も期待できます。
ただし、脂溶性なので、摂りすぎには注意が必要です。

ビタミンA(βカロチン)

トマト、ほうれん草、かぼちゃなど
トマトのイラスト

ビタミンA(βカロチン)もビタミンEと同様に活性酸素の作用を抑えます。
脂質と一緒に採ると吸収率がアップするので、炒め物などにするのがオススメ。

L-システイン

肉類、赤身魚、乳製品など
お肉のイラスト

L-システインは肌の代謝を助け、シミを予防・排出しやすくする成分。
肉類に多く含まれるメチオニンを摂取することで、体内で合成し作られます。

セラミド

豆類、小麦、ブロッコリーなど
豆のイラスト

紫外線や雑菌などの外部刺激から肌を守ってくれる効果を持つセラミド
メラニンの生成を抑えたり、肌を保湿したり、といった効果も期待できます。

リコピン

ニンジン、トマト、柿など
人参のイラスト

肌の抵抗力を高め、酸化ダメージを軽減してくれる成分がリコピンです。
シワの改善にも効果があり、ビタミンCと合わせて摂取すると効果がアップします。

エラグ酸

いちご、ベリー類、ナッツ類など
イチゴのイラスト

エラグ酸は、酸化酵素チロシナーゼの作用を阻害してくれる成分で、抗酸化作用も持っています。
高い美白効果を持つものの、意識して摂らないと摂取しにくい成分でもあります。

普段からバランスの良い食事を心がけていれば、摂取できている栄養素や食材も意外と多いのでは。

料理が苦手、時間があまり作れない、という人は緑黄色野菜と豆類のスープがオススメ。

手軽に作れてストックしておけますし、味付けを変えれば飽きずに続けやすいですよ。

コンシーラーでシミを消す

「今すぐシミを消したい!」という人は、メイクで隠す方法も試してみて。

とは言え、普通にファンデーションを塗っただけではキレイに消えなかったり、時間が経つと浮いてきてしまったりしますよね。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
メイクでシミを隠すためには、コンシーラーが欠かせません。

扱い方が難しいイメージもあるコンシーラーですが、シミを消すためのコツを押さえておけば、意外と簡単ですよ。

シミ消しメイクの手順
  1. スキンケアで肌を整える
  2. コンシーラーをシミにのせる
  3. ファンデーションをのせる
  4. 普段通りのポイントメイクを行う

お肌の乾燥はコンシーラーやファンデーションがヨレる原因になるので、朝のスキンケアもしっかりと行いましょう。

乳液やクリームが肌に馴染むまで時間がかかるので、メイクの直前ではなく、少し早めにスタートするのがポイント。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
スキンケアに油分の多いクリームを使う場合は、メイクの直前に軽くティッシュオフしてみてくださいね。

コンシーラーの選び方・使い方

コンシーラーの写真

コンシーラーにはいくつかの種類があり、それぞれ使い方や相性の良いシミのタイプが異なります。

スティックタイプ・ペンシルタイプ
スティックコンシーラーのイラスト

最もカバー力が高いので、老人性色素斑や炎症性色素沈着などのピンポイントで消したいシミと好相性。

シミの中心から外側に向かって、シミよりも一回り大きめになるように円を描くように塗るのがポイントです。

シミの上のコンシーラーは触らず、縁を指でぼかすと自然な仕上がりになりますよ。

パレットタイプ
パレットコンシーラーのイラスト

アイブロウやアイシャドウのように、自分の肌色やシミの濃さに合わせて色を選べるのが特徴です。

濃さの異なるシミを消したい、より自然な仕上がりを目指したい人におすすめ。

塗り方はスティック・ペンシルタイプと同様に、シミの中心から外側へ広げるように塗ってみて。

リキッドタイプ・クリームタイプ
リキッドコンシーラーのイラスト

他のコンシーラーと比べるとカバー力は劣るものの、保湿力が高くヨレにくいコンシーラー。

肝斑やそばかすのような、広範囲にできてしまったシミを隠すのにピッタリです。

肌にのせるときはなるべく薄付きで、物足りない時は重ね塗りをしましょう。

コンシーラーの上にファンデーションをのせるときは、パフや指でこすらず、優しく押さえるようにするとキレイな仕上がりに。

リキッドファンデーションの場合は後からコンシーラーを塗る場合もあります。

クリニーク「イーブン ベター スポッツ コンセントレート コンシーラー 21」
クリニーク「イーブン ベター スポッツ コンセントレート コンシーラー 21」の商品画像
価格
4,400円(税込)
内容量 3.5g
テクスチャタイプ スティック
カラー展開 03ホワイト
特徴 ・美白成分成分配合(医薬部外品)
・SPF21/PA++

クリニークの「イーブン ベター スポッツ コンセントレート コンシーラー 21」はシミやソバカスを隠しながら肌のトーンアップもしてくれるホワイトコンシーラー。

美白成分&SPF配合なので、メイクをしながらシミの改善にもアプローチしてくれます。

ベージュ系のコンシーラーでは隠し切れなかったシミも目立ちにくくなると評判です。

 

B.M・A・C「スタジオ フィックス スムース ウェア コンシーラー」
B.M・A・C「スタジオ フィックス スムース ウェア コンシーラー」の商品画像
価格
3,080円(税込)
内容量 7ml
テクスチャタイプ リキッド
カラー展開 NC20/NC25/NW20/NW25
特徴 保湿成分配合

B.M・A・Cの「スタジオ フィックス スムース ウェア コンシーラー」は使い勝手の良さがポイントです。

カラーバリエーションが豊富なので、シミや肌色に合わせてセレクト可。

マッドな質感なのにヨレにくく、化粧直しに時間を取れなくても安心して使うことができます。

まとめ

シミが消えて笑顔の女性

効果のあるシミ対策の方法をたくさん紹介しましたが、気になるものは見つかりましたか?

一度できてしまったシミを消すことは簡単ではありませんが、様々なアプローチと時間をかけることで、目立たないくらい薄くすることは可能です。

ぜひ、「これならできそう!」と思うものからスタートしてみてくださいね。

RecoRepo
編集部
RecoRepo
編集部
すでにシミ対策をしているけど効果が物足りないという人は、さらにもうひと対策を加えてみましょう!
本記事で紹介したシミ対策まとめ
紹介したシミ対策アイテム一覧
商品画像
商品名 肌ラボ
「白潤 薬用美白シリーズ」
オルビス
「アクアフォースホワイトシリーズ」
ビーグレン
「ホワイトケア」
アンプル―ル
「ラグジュアリーホワイト」
ハイチオール
「Cホワイティア」
第一三共ヘルスケア
「トランシーノⅡ」
シュウウエムラ
「アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル」
ちふれ
「ウォッシャブル コールド クリーム」
クリニーク
「イーブン ベター スポッツ コンセントレート コンシーラー 21」
B.M・A・C
「スタジオ フィックス スムース ウェア コンシーラー」
用途

美白コスメ(プチプラ)

美白コスメ(ハイドロキノン配合)

内服薬(市販)

クレンジング剤

コンシーラー

美白成分 アルブチン
ヒアルロン酸
ビタミンC誘導体
即効性ビタミンC誘導体
持続性ビタミンC誘導体
ハイドロキノン
ピュアビタミンC
新安定型ハイドロキノン L-システイン
ビタミンC
トラネキサム酸
製品の特徴 美白有効成分アルブチンを配合した医薬部外品(薬用美白)
2種類のビタミンCを配合した基礎化粧品 ハイドロキノン配合の美白コスメ
7日間トライアルセットが71%OFF相当でお得
新安定型ハイドロキノンを配合した美白コスメ
6点セットの初回限定トライアルセットあり
老人性色素斑・色素沈着・雀卵斑(そばかす)に効果を発揮する 肝斑に効果のあるトラネキサム酸を配合 W洗顔不要のオイルクレンジング フェイスマッサージにも使えるミルククレンジング 美白成分とSPF配合のスティックコンシーラー 保湿成分を配合したリキッドコンシーラー
公式