大人かわいいを楽しむ美容メディア

敏感肌とは?原因や症状

敏感肌とはどんな肌?多くの人が悩むその症状や原因・対処法について

敏感肌だから、スキンケアは入念にしないと不安で……
私は敏感肌で顔がヒリヒリする……

このように、自身が敏感肌だと感じている人は多いもの。

肌に異常があると、外見も損なわれますし、化粧水やメイクが合わず痒みや痛みが出ることもあり辛いですよね。

今回の記事では、敏感肌で悩む人のためにそもそも敏感肌とはどんな肌なのか?敏感肌の症状やその特徴、原因についてご紹介します。

敏感肌の原因にくわえて、対処法についても解説しているので、参考にしてみてくださいね。

敏感肌とはどんな肌?

自身が敏感肌であると自覚しつつも、敏感肌ってどんな肌?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

敏感肌とは、健康的な普通肌であれば刺激にならない物質に対して過剰に反応してしまうデリケートな肌質のことです。

敏感肌には特に医学的な定義はなく、人によってその意味は様々ですが、主に化粧品セーターなどの繊維花粉やハウスダストなどのアレルゲンによる刺激や、季節の変わり目や環境の変化へのストレスなどが原因でトラブルを起こす肌のことを指します。

敏感肌の特徴と症状

敏感肌の特徴や症状といえばさまざまなことが挙げられますが、敏感肌の多くの人が感じている症状は以下の通りです。

  • 肌に痒みを感じることが多い
  • 肌が赤くなることが多い
  • 化粧品を使うと、物によってはヒリヒリしてしまい使用できない
  • 体調や環境の変化によって肌が荒れやすい
  • タートルネックのセーターを着ると首元がかゆくなる

上記に挙げた症状や特徴はほんの一部分で、人によって症状自体やその程度は違い、敏感肌が引き起こす症状は多岐にわたります。

敏感肌の根本原因は肌のバリア機能の低下

先ほどご紹介したような辛い症状がある敏感肌ですが、その原因はなんなのでしょうか?

敏感肌の原因は、もともとの体質・肌質によるところや、日々のスキンケア生活習慣によるものなど多岐にわたり、一言では言い表せられないのですが、根本の原因としては”肌のバリア機能の低下”が挙げられます。

肌のバリア機能とは?

肌のバリア機能とは、肌の表皮にある薄さ約0.02ミリともいわれている角質層が、身体から水分が蒸発しないようにしたり、紫外線やアレルゲンが皮膚奥まで侵入し悪影響を及ぼすのを阻止する機能のことです。

誰の肌にでも恒常的に働いているべき機能なのですが、その肌のバリア機能がうまく働いていないのが敏感肌の特徴であり、その根本原因です。

肌のバリア機能を弱らせる!日常に潜む敏感肌の原因

敏感肌の原因である肌のバリア機能の低下は、日常のさまざまなことが引き金となって起こります。

日々のどういった事柄が肌のバリア機能を低下させ、敏感肌を招くのかその原因をご紹介します。

今から敏感肌の原因を1つずつ紹介しますが、最後には敏感肌の対策についても紹介しているので必見ですよ!

敏感肌を招く原因その① 乾燥やアレルゲンの飛散・紫外線など

皮膚は水分を体から逃がさないようにしたり、アレルゲンが体に侵入しないようにする、体の細胞を紫外線から守る働きなどがありますが、原因になる要因が多いとそれだけ肌に負担がかかってしまうもの。

そのため、空気の乾燥や、花粉などのアレルゲンの飛散、紫外線などの外的要因は敏感肌を招く原因となります。

季節別の敏感肌の原因
  • 春…紫外線、乾燥、花粉、PM2.5
  • 夏…紫外線
  • 秋…紫外線、乾燥、花粉
  • 冬…乾燥

リストにしてみるとわかるように、外的要因は春夏秋冬すべての季節に点在しています。

これも敏感肌が慢性化しやすい原因ですね。

環境の変化はどうしようもないことなので、それぞれの外的要因に対抗できるような臨機応変なスキンケアをしていくことが重要になります。

敏感肌を招く原因その② 間違ったスキンケア

以下のような間違ったスキンケアも敏感肌を招く原因になります。

やりがちなスキンケア
  • 熱いお湯や洗浄力の強い洗顔料を使ってゴシゴシ顔や体を洗う
  • 合う化粧品がないからとスキンケアをしない

また、上記のような明らかに間違ったスキンケア以外にも、敏感肌を改善させようとたくさん美容成分が入った化粧品を肌に合わないのを我慢して使用したり、パックやピーリングなどのスペシャルケアを頻繁に行うなど、スキンケアを頑張りすぎるのも間違ったスキンケアに含まれます。

敏感肌を改善するためのスキンケアは丁寧にかつ過不足がないようにおこなうことが重要です。

敏感肌を招く原因その③ 加齢

年齢を重ねていくうちに肌トラブルが多くなってしまったと感じている方も多いもの。加齢も敏感肌を招く原因の1つです。

年を重ねることにより、皮膚は薄くなりますし、皮膚の乾燥を防ぐための皮脂量も減るため肌を守る機能が低下し敏感肌になってしまいます。

年は誰でもとるものなので仕方がないのですが、ご年配の方で敏感肌に悩まれている方は肌を保護するようなスキンケアをおこなうのが理想的です。

敏感肌を招く原因その④ 不摂生

食生活が乱れていたり、睡眠不足が続いているなど不摂生を続けることも敏感肌の原因となりえます。

なぜなら、健康な皮膚は食事から摂ったさまざまな栄養素から、大部分は寝ている間に作られているためです。

健康な肌を目指すなら、健康的な生活を送ることも重要です。

敏感肌を招く原因その⑤ 体質によるもの

これを言っては元も子もないのですが、もともとの体質的に肌が敏感になりやすい人ということもあり体質が敏感肌の原因であることも考えられます。

体が強い人と弱い人がいるように、生まれつき肌が弱い体質であることや、アレルギーを持っている可能性もあります。

なかでも、アトピー肌はバリア機能が低い代表的な疾患です。

考えうる原因は排除しているのにも関わらず酷い敏感肌に悩まされているという場合は、アレルギーや疾患などが隠れている場合もあるので、皮膚科にかかることをおすすめします。

敏感肌のスキンケアのポイントや対処法について

今までは、敏感肌の原因についてご紹介してきました。

続いては

  • 敏感肌の基本的なスキンケア方法
  • 敏感肌に使用してOK成分、NG成分
  • 敏感肌が悪化した場合の処置

などの敏感肌への対処法をご紹介します。

敏感肌スキンケアのポイントはシンプルケア

敏感肌に限らず肌悩みがあると、つい、あれが良いのではないか?これが良いのではないか?とスキンケアを試してみたくなりますよね。

しかし、さまざまな刺激に過剰反応しやすい状態の敏感肌に、あれこれと美容成分の入った化粧品をたくさんつかってしまうと、肌荒れを悪化させてしまう原因になりかねません。

敏感肌の自覚があったり、現在肌が敏感になっている場合は、スキンケアは保湿と保護メインのシンプルなものにしておくことがおすすめです。

敏感肌のスキンケアにおすすめな成分

シンプルな化粧品を使用するといっても、世の中にはさまざまな化粧品が存在し、配合している成分も化粧品によって違いますよね。

化粧品に配合される有効成分は数多くありますが、中でも敏感肌のスキンケアにおすすめできるのはこれらの成分です。

敏感肌におすすめの成分
  • セラミド
  • アミノ酸

どちらも、肌のバリア機能を担う役割をしている成分であるため、敏感肌を改善に導く効果が期待できます。

敏感肌におすすめできない成分

敏感肌におすすめの成分をご紹介しましたが、逆に注意しないといけない成分も敏感肌には多くあります。

敏感肌の方が使用する化粧品に含まれていると望ましくないものは、成分名を挙げるとこちらに書ききれないほど多岐にわたります。

特に、以下の成分が多く入っているものは、敏感肌の方は使用を極力控えることをおすすめします。

敏感肌にNGな成分

  • アルコール類
  • 合成界面活性剤
  • 防腐剤
  • 香料

また、オーガニックや自然派というと肌に優しいような感じもしますが、成分をよく見ると上記のような敏感肌には強すぎる成分がたくさん含まれていたり、天然成分は意外にも肌に合う合わないがある場合があるので注意が必要です。

ご自身が敏感肌である自覚があるのなら、新しい化粧品を使う前には必ず目立たないところで試し塗りをして、肌に異常が現れないか確認することをおすすめします。

敏感肌で肌が荒れてしまった場合の対処法

日ごろからスキンケアなどに注力していても、体調や環境の変化によりどうしようもなく敏感肌の症状が悪化してしまうことがあるかと思います。

そういった場合は、症状別に正しいケアが必要です。

乾燥してかさついている場合

乾燥してかさつきがある場合には、肌を保護してあげることが重要です。

ワセリンなどを乾燥している部分に薄く塗り様子を見ます。

好転するようであればそのままケアを続け、症状がさらに悪化し大きく皮むけなどの症状が現れた場合は皮膚科に行くことをおすすめします。

ケアの見極めポイント
  • OKサイン…保湿ケアで好転するならそのままケアを続行
  • NGサイン…症状が悪化するなら皮膚科へ

痒みや痛みが出ている場合

痒みが出ているときは、傷になるのでかきむしってはいけません。

乾燥が原因で痒みが出ている場合があるので、保湿をきちんとして、それでも痒みが収まらない場合は皮膚科にいくのをおすすめします。

痛みが出ている場合は、すでに症状はかなり悪化していることが予想されますので、すぐにでも皮膚科に行くべきでしょう。

慢性的な症状や耐え難い症状が出ている場合は皮膚科へ

慢性的に敏感肌の症状が出続けて治らない、痒みや乾燥が耐え難いなどといった場合は、敏感肌ではなく皮膚疾患やアレルギーが潜んでいる場合があります。

素人の判断で放置していては、原因が見つかっても回復が遅くなってしまいます。

早く健康な肌に戻るためにも、耐え難い症状が出たら早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

敏感肌さんにおすすめの化粧品2選

今まで当記事では

  • 敏感肌の原因
  • 敏感肌の症状
  • 敏感肌の対処法

について確認してきました。

その結果、敏感肌の改善には日々のスキンケアが重要であるということがわかりましたね。

というわけで、最後は敏感肌の改善に役立つ化粧品をご紹介したいと思います。

敏感肌さんにおすすめの化粧品その1【ビーグレン】

敏感肌は皮膚がセラミド不足に陥っていることが多いのですが、ビーグレンの乾燥対策化粧品は

  • 保湿型ビタミンC誘導体
  • アッケシソウエキス

などの成分が配合されており、セラミドの働きをサポートしてくれるため、医学誌に掲載されるほどの保湿力が期待できます。

そういった点から、ビーグレンの乾燥対策ラインは特に乾燥がひどいタイプの敏感肌さんにおすすめできます。

敏感肌さんにおすすめの化粧品その2【エトヴォス】

ETVOSのモイスチャライジングラインは、バリア機能が低下気味の敏感肌さんにおすすめできる化粧品です。

化粧水と美容液の2アイテムからなるモイスチャライジングラインですが、美容液には5種類ものヒト型セラミドが入っておりバリア機能向上が期待できます。

また

  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • シリコン
  • 着色料
  • 合成香料
  • パラベン
  • アルコール

などの、敏感肌さんにとって刺激になりやすい成分も無添加なので、安心して使用することができる点もETVOSモイスチャライジングラインをおすすめできるポイントの1つです。

まとめ

当記事では”敏感肌とは何か?”や”敏感肌の症状や原因”敏感肌の対処法”ついてご紹介しました。

根深い悩みである敏感肌ですが、その原因を追究し適切なケアを重ねてゆくことで改善に向かっていくことも多いかと思います。

根気よくご自身の肌と向き合うことが大切ですので、あきらめずに自分に合ったケアを模索してみてくださいね!