大人かわいいを楽しむ美容メディア

シミに効く『美白成分』一覧表!おすすめランキングも紹介♪

コスメコンシェルジュ監修

コスメコンシェルジュ本記事はレコレポ編集部所属のコスメコンシェルジュが内容を精査し、編集をおこなっています。


コスメコンシェルジュとは…
化粧品の成分や働きなど、科学的根拠のある正しい知識をもった化粧品の専門家であり、「あらゆる肌悩みに対して最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル日本化粧品検定協会より)」です。

年齢と共に増えていくシミやくすみ本当にイヤですよね!

いざケアしようと化粧品を探してみると、『ハイドロキノン』やら『トラネキサム酸』など、種類がたくさんあってどれを選べば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はシミに効く美白成分を徹底的に解説したいと思います!

また、シミの種類によっておすすめの美白成分もご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

『美白成分』とは?

一般的に美白効果ホワイトニング効果と言われる化粧品は多く存在しますが、実際のところ本当に効果があるのは『美白有効成分』と言う、厚生労働省が認めている成分になります。

美白有効成分とは
『メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ』効果があると、厚生労働省が医薬部外品として認めている成分。

参考:日本化粧品工業連合会「化粧品等の適正広告ガイドライン」

現在では、約20種類の成分が『美白有効成分』として承認されています。

シミに効く成分にはどんな効果があるの?

シミに効く成分にはどんな効果があるの?
まずは、シミができるメカニズムを見てみましょう

肌が紫外線や外部刺激を受けると、表皮の最下層にあるメラノサイトが活性化し、メラニン色素を作り始めます。

通常ターンオーバーによってメラニンは排出されるのですが、日常的に紫外線を浴びていたり、洗顔などで外部刺激を受け続けると、メラノサイトがさらに活性化し、メラニン色素が大量に作られます。

この大量に作られたメラニン色素が排出されずに蓄積すると、シミの原因になると考えられています。

続いて、シミに効く成分にはどんな効果があるのか見てみましょう。

シミに効果がある『美白有効成分』には、主に3つの働きがあります。

効果 働き
シミを予防する効果 メラニンの生成を抑制し、シミを作らせない
シミを薄くする効果 茶色くなったメラニンを還元し、薄くする
シミを排出する効果 肌のターンオーバーを促進し、メラニンを排出する

このように、成分によってシミに対する働きが違うので、自分の肌の状態や悩みによって効果的な美白成分を選ぶようにしましよう。

まずは、自分がどんなシミなのか?シミの種類を知ろう!

せっかく美白成分を取り入れても、「いまいち効果を実感できない」とお悩みの方はいませんか?

それは、もしかしたらご自身の肌悩みにあった美白成分を選べていないのかもしれません!

一言でシミと言っても、色々な種類のシミが存在します。
シミを改善するには、まず自分がどのシミなのか知ることから始めましょう!

どんな種類のシミがあるかチェックしてみましょう

老人性色素斑(日光性黒子)

老人性色素斑

「シミ」と呼ばれる原因で一番多いのがこのタイプです。

長年の紫外線によるダメージが肌に蓄積され、ターンオーバーで排出できなかった黒色のメラニンがシミとなって現れます。

30代以降に現れることが多く、年齢と共に色が濃く目立つようになります。

頬やこめかみにできやすく、色は茶色やこげ茶色で、シミの境界がはっきりと見分けられるのが特徴です。

肝斑(かんぱん)

肝斑

妊娠中やストレスにより、ホルモンバランスが乱れることが原因でできると言われています。

30代から40代ぐらいの方が多く、閉経後は目立ちにくくなります。

頬骨のあたりにでき、もやもやとした形で薄茶色のシミが左右対称に発生するのが特徴です。

そばかす(雀卵斑)

そばかす遺伝的な要因でできるシミと言われています。
白人に多く見られますが、日本人でも色白の方にできやすい傾向があります。

幼少期からできはじめ、徐々に増えていき、思春期の頃に一番目立つようになります。

また、春から夏になると色が濃く目立つことがありますが、秋から冬になると薄くなっていきます。

鼻から頬のまわりを中心に、小さくて茶色い斑点が散らばるようにできるのが特徴です。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着

日焼け・火傷・ニキビ・ケガ・虫刺され・かぶれなどで炎症が起きた後に色素沈着したものです。

白人には少なく、黄色人種に多くみられる傾向があります。

顔のどこにでもでき、境界がわかりにくく、色にもムラがあるのが特徴です。

シミに効く『美白成分』一覧表

厚生労働省から承認されている『美白有効成分』は約20種類あります。

まずは化粧品に配合されることが多い、代表的な成分をご紹介したいと思います。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

安定性が悪く肌に吸収しにくいビタミンCを改良し、安定性や吸収力をupした美白成分です。

メラニンの生成を抑えシミができるのを予防してくれる働きや、すでにできてしまったシミを薄くしてくれる働きが期待できます。

美白効果以外にも、保湿効果・皮脂抑制作用・エイジングケアと言った美容効果も期待できます。

肌への効果

・メラニンの生成を抑制(シミの予防)
・メラニンの色素還元(シミを薄くする)
・メラニンを排出(シミを追い出す)

トラネキサム酸

トラネキサム酸

医療現場で長年『止血剤』や『抗炎症剤』として用いられて来た成分です。

メラニンを生成するメラノサイトに働きかけ、シミの発生を防いでくれる効果が期待できます。

また、炎症を抑える働きもあるので、ニキビや吹き出物にも効果があります。

さらに、色素沈着抑制効果があり『肝斑』を改善する成分として認められているので、医療機関でも処方されることがあります。

肌への効果

・メラニンの生成を抑制(シミの予防)
・メラノサイトの活性化を抑制(シミを薄くする)

トラネキサム酸入り化粧品で美白ケア!人気商品TOP10ランキング☆シミ別おすすめ2選も紹介♪『トラネキサム酸入り化粧品』人気商品TOP10!2020年最新ランキング☆美白効果で人気のトラネキサム酸は本当に効果があるの?シミやそばかす、くすみは消える?効果的な使い方やお得な買い方、価格なども掲載中♪...

プラセンタエキス

プラセンタエキス

馬や馬などの胎盤(プラセンタ)から抽出された成分です。

メラニンの生成を抑制する働きがあるので、シミができるのを防いでくれます。

また、代謝を促進する作用もあるので、ターンオーバーを正常にし、シミを排出してくれる効果も期待できます。

さらに、アミノ酸やビタミン・ミネラルなど、様々な栄養素が豊富に含まれているので、肌にハリを与える・乾燥を防ぐなど、多くの美容効果が期待できます。

肌への効果

・メラニンの生成を抑制(シミの予防)
・ターンオーバーの正常化(シミを追い出す)

プラセンタ美容液ランキング☆おすすめ15選!使い方や選び方、効果、プチプラ美容液も紹介します☆『プラセンタ美容液』おすすめ15選!ランキングまとめ♪プチプラ美容液も紹介します☆口コミで高評価されている馬プラセンタとは?アンチエイジング効果を持つプラセンタの種類・効果から効果的な使い方、選び方なども掲載。...

アルブチン

アルブチン

アルブチンは、コケモモや梨などの植物に含まれる天然成分です。

チロシナーゼの活性化を阻害し、シミの元となるメラニンの生成を抑制する効果があるので、シミの予防ができると言われています。

肌への効果

・メラニンの生成を抑制(シミの予防)

アルブチン配合の美白化粧品おすすめ人気ランキング!選び方や効果的な使い方も紹介♪シミやくすみに効果がある『アルブチン配合化粧品』 今回は「化粧水」「乳液・クリーム」「美容液」に分けて、おすすめ人気ランキングをご紹介したいと思います! また、アルブチン化粧品の選び方や効果がある使い方などもご紹介しているので、美白に興味がある方はぜひご覧ください!...

ハイドロキノン

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、シミの治療薬として皮膚科などで処方される成分です。

肌の漂白剤と呼ばれるほどの強い美白効果があり、一般的な美白成分の約100倍もの効果があると言われています。

チロシナーゼの働きを抑えて、シミの元となるメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防いでくれる効果が期待できます。

また、酸化し黒くなったメラニンを還元する働きがあるので、できてしまったシミを薄くする効果もあります。

高い美白効果があるハイドロキノンですが、有効成分として厚生労働省から許可を受けていないので、医薬部外品ではありません。

肌への刺激が強く副作用の危険もあるので、心配な方は皮膚科で処方して貰うのが安心です。

肌への効果

・チロシナーゼの働きを抑制(シミの予防)
・メラニンの還元作用(シミを薄くする)

ハイドロキノンクリームは市販と皮膚科どっちがいい?効果と副作用
ハイドロキノンクリームは市販と皮膚科どっちがいい?効果と副作用シミの漂白剤とも呼ばれるほど美白効果の高いハイドロキノンクリーム。 そんな評判を耳にすると、悩みの種であるシミのケアに使ってみたく...

その他の美白有効成分一覧表

代表的な美白有効成分をご紹介しましたが、その他にも厚生労働省から認可されている美白有効成分があります。

分かりやすく一覧で確認してみましょう。
※表示は、医薬部外品表示名称(化粧品成分表示名称)です。

美白有効成分
・アデノシン一リン酸二ナトリウム(エナジーシグナルAMP)
・エラグ酸
・カモミラET
・コウジ酸
・デクスパンテノールW(PCE-DP)
・テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルEX(NIKKOL VC-IP EX)
・ニコチン酸アミド(D-メラノ)
・リノール酸S(リノレックS)
・リン酸 L-アスコルビルマグネシウム
・リン酸 L-アスコルビルナトリウム
・L-アスコルビン酸 2-グルコシド(アスコルビルグルコシド)
・TXC
・3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)
・4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)
・4-n-ブチルレゾルシノール(ルシノール)
・5,5′-ジプロピル-ビフェニル-2,2′-ジオール(マグノリグナン)

(引用:化粧品成分オンライン)

このように、美白有効成分にはたくさんの種類があります。

そのため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね!

そこで、どんな成分を選べば良いか、次の項目で見て行きましょう。

美白成分はシミの種類や肌悩みによって選ぼう!

同じ美白成分でも、成分によって『シミを予防する効果』『シミを薄くする効果』など、作用が異なります。

そのため、ご自身の肌悩みによって、美白成分を選ぶのが大事になります。

では、どの成分がどんな肌悩みに効果があるのか、その代表的な成分を見てみましょう。

まずは、どの成分にどんな効果があるのか見てみましょう。
シミを予防する
・アルブチン
・トラネキサム酸
・ビタミンC誘導体
・ハイドロキノン
・カモミラET
・コウジ酸
・4MSK
・プラセンタエキス
・ニコチン酸アミド

シミを薄くする
・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体
・エナジーシグナルAMP
シミを追い出す
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・4MSK
続いて、肌悩み別にどの成分を選べば良いか見てみましょう。
肌悩み 美白成分
老人性色素斑(日光性黒子) ・トラネキサム酸
・ビタミンC誘導体
・4MSK
・アルブチン
・プラセンタエキス
・コウジ酸
・リノール酸S
・エナジーシグナルAMP
肝斑 ・トラネキサム酸
・ハイドロキノン
炎症後色素沈着 ・トラネキサム酸
・ハイドロキノン
・4MSK
・アルブチン
・ビタミンC誘導体
・リノール酸
・プラセンタエキス
そばかす ・ビタミンC誘導体
・ハイドロキノン

基本的に、そばかすはセルフケアで改善するのは難しいとされています。

これ以上増やさない為にも美白効果が高いハイドロキノンや、シミを予防できるビタミンC誘導体などを取り入れましょう。

シミの種類によって美白成分を選ぶことで、より効果を実感しやすくなるので、ご自身にあった美白成分を選んでくださいね。

美白成分は組み合わせても大丈夫?

美白成分は組み合わせても大丈夫?

化粧品によっては、何種類かの美白成分が配合されている物がありますが、そうで無い場合は何種類か併用しても大丈夫かな?と疑問に思いますよね。

基本的には、併用しても問題ありません。

ただし、複数取り入れてしまうと、実際にどれが効いているのか分からなくなってしまいますし、多く取り入れたからと言って、すぐに効果が表れる物でもありません。

シミを改善するには時間がかかるので、続けやすい価格帯の物・ご自身にあった化粧品を取り入れて、継続することが大事です。

シミに効く美白成分おすすめランキング

美白成分入りの化粧品がたくさん売られているので、「どれを選んだら良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、『化粧水』『乳液・クリーム』『美容液』の種類に分けて、おすすめの化粧品をご紹介
したいと思います。

ぜひ、参考にしてください。

美白成分入りおすすめ『化粧水』

1位:アスタリフトホワイト ブライトローション

総合評価:5.0

アスタリフトホワイト ブライトローション
通常価格(税込) おためし価格(税込) 容量
4,180円
1,100円
200ml
分類 医薬部外品
美白成分 アルブチン・リン酸L-アスコルビルマグネシウム
全成分
全成分を見る

アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、フェルラ酸、ヒアルロン酸Na-2、海藻エキス(1)、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、天然ビタミンE、大豆リン脂質、濃グリセリン、DPG、POEメチルグルコシド、BG、PEG1540、エタノール、POE水添ヒマシ油、グリセリルエチルヘキシルエーテル、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン、フェノキシエタノール、香料、pH調整剤

アルブチンとビタミンC誘導体を配合し、メラニンの生成を抑え、シミやくすみを防いでくれる美白化粧水です。

肌の細部まで浸透するナノ成分『ナノAMA+』で、悩みの根本までしっかりアプローチし、透明感のある肌へと導いてくれます。

2位:ブライトエイジ リフトホワイト ローション モイスト

総合評価:4.5

ブライトエイジ リフトホワイト ローション モイスト
通常価格(税込) 定期便初回価格(税込) 容量
5,250円
3,278円
120ml
分類 医薬部外品
美白成分 トラネキサム酸
全成分
全成分を見る
トラネキサム酸、アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチドF、マリンエラスチン、海藻エキス‒1、イシゲ抽出物、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N‒ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL‒PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L‒グルタミン酸、グリセリルグルコシド液、水、BG、濃グリセリン、ジグリセリン、ベタイン、ペンチレングリコール、PEG1540、POE水添ヒマシ油、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、無水クエン酸、水添大豆リン脂質、パラベン、ソルビット液

ブライトエイジの販売元である、第一三共が開発した成分『トラネキサム酸』を配合した美白化粧品です。

年齢と共に増えるシミ、ハリ、くすみ、乾燥などの悩みを同時に解決してくれる優れもの。

製薬会社の技術を集約し、肌年齢の悩みを解決してくれるスキンケアです。

3位:アンプルール ラグジュアリーホワイトローションAOⅡ

総合評価:4.0

アンプルール ラグジュアリーホワイトローションAOⅡ
通常価格(税込) おためし価格(税込) 容量
5,500円
1,500円
120ml
分類 化粧品
美白成分 新安定型ハイドロキノン
全成分
全成分を見る
水、ラフィノース、ポリソルベート60、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、アルギニン、マンニトール、グルコン酸Na、ラウロイルラクチレートNa、PCA-Na、加水分解コラーゲン、ハイドロキノン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ゲンチアナ根エキス、クズ根エキス、グルコシルルチン、プラセンタエキス、アロエベラ葉エキス、グリチルリチン酸2K、クロレラエキス、コレステロール、水添レシチン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、フェルラ酸、ワルテリアインディカ葉エキス、キサンタンガム、ダイズステロール、3-O-エチルアスコルビン酸、アリストテリアチレンシス果実エキス、ブドウ葉/種子/皮エキス、レスベラトロール、ムラサキ根エキス、チオクト酸、カルボマー、シクロデキストリン、デキストリン、セタルコニウムクロリド、クエン酸、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、香料

新安定型ハイドロキノンやトリプルセラミドなど、リッチな美容成分を配合した美白化粧水です。

肌ダメージをケアする4つの成分をナノサイズの「AOカプセル」に配合し、肌サイクルの乱れを整えて悩みを寄せつけない健やかな肌へと導きます。

美白成分入りおすすめ『乳液・クリーム』

1位:ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

総合評価:5.0

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9
通常価格(税込) おためし価格(税込) 容量
6,600円
1,980円
15g
分類 化粧品
美白成分 ・ハイドロキノン・ビタミンC誘導体
全成分
全成分を見る
水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG−55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na

紫外線のダメージを消して、澄み切った肌へ導くナイトクリームです。

ビーグレン独自の浸透技術で、強力なブライトニング効果があるハイドロキノンを、角層のすみずみまで浸透させ、肌トラブルの元まで届けます。

使うたびに肌に明るさと輝きをもたらしてくれます。

2位:シズカゲル

総合評価:4.5

シズカゲル
通常価格(税込) SHIZUKAヨクバリコース(税込) 容量
4,980円
2,980円
60g
分類 医薬部外品
美白成分 アルブチン・3-O-エチルアスコルビン酸
全成分
全成分を見る
アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム、アルニカエキス、米糠抽出物加水分解液、ゲンチアナエキス、クワエキス、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、アーティチョークエキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、ヒメフウロエキス、カモミラエキス(1)、マロニエエキス、ダイズエキス、3-O-エチルアスコルビン酸、セイヨウナシ果汁発酵液、オトギリソウエキ、トウキンセンカエキスス、ポリグルタミン酸塩、トレハロース、オクラエキス、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、異性化糖、オウゴンエキス、チンピエキス、コンフリーエキス、イザヨイバラエキス、ボタンエキス、L-アスコルビン酸 2-グルコシド、マルトース・ショ糖縮合物、精製水、3-メチル-1,3-ブタンジオール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、ソルビット液、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、水素添加大豆リン脂質、フィトステロール、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、トリイソステアリン酸グリセリル、硬化ナタネ油アルコール、エデト酸ニナトリウム、天然ビタミンE、水酸化カリウム、フェノキシエタノール

1本で化粧水・美容液・乳液・クリーム・パックの機能を果たしてくれるオールインワンゲルです。

皮膚科医とエステシャンの共同開発で、シミやくすみだけでなく、ニキビや乾燥による小じわなど、多角的にケアしてくれます。

3位:サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート

総合評価:4.0

サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート
通常価格(税込) おためし価格(税込) 容量
6,050円
980円
125ml
分類 医薬部外品
美白成分 アルブチン
全成分
全成分を見る

アルブチン、グリチルリチン酸2K、水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ローズ水、BG、POE・ジメチコン共重合体、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、メドウフォーム油、ジメチコン、セラミド2、桃葉エキス、アーティチョークエキス、ムラサキシキブ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、デイ・リリー花発酵液、ノバラエキス、人参エキス、海藻エキス-5、ローズマリーエキス、濃グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、フィトステロール、クエン酸Na、クエン酸、ポリグルコシルオキシエチルメタクリレート液、セタノール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

乾燥肌・敏感肌のための美白クリームです。

ディセンシア独自の技術で、紫外線などの外部刺激をブロックしながら、肌のバリア機能をサポート。

また、アドバンスメラノキャッチ処方で、気になるシミへ集中アプローチしてくれます。

美白成分入りおすすめ『美容液』

1位:HAKUメラノフォーカスV

総合評価:5.0

HAKUメラノフォーカスV
通常価格(税込) 20g価格(税込) 容量
11,000円
4,070円
45gl
分類 医薬部外品
美白成分 4MSK・トラネキサム酸
全成分
全成分を見る
4-メトキシサリチル酸カリウム塩、トラネキサム酸、イチヤクソウエキス、トルメンチラエキス、ユリエキス、塩酸グルコサミン、濃グリセリン、ハス種子乳酸菌発酵液、ルムプヤンエキス、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、精製水、ジプロピレングリコール、ベヘニルアルコール、エタノール、α-オレフィンオリゴマー、メチルポリシロキサン、キシリット、ピバリン酸イソデシル、N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム、ワセリン、ポリエチレングリコール1000、ミリスチン酸ミリスチル、ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル、ステアリルアルコール、マルチトール液、ポリエチレングリコール20000、1,3-ブチレングリコール、ジイソステアリン酸グリセリル、ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、エデト酸二ナトリウム、クエン酸、2-o-エチル-L-アスコルビン酸、I-メントール、水酸化カリウム、クエン酸ナトリウム、イソステアリン酸、ピロ亜硫酸ナトリウム、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、L-セリン、フェノキシエタノール、β-カロチン

美白有効成分『4MSK』と『トラネキサム酸』を配合した、薬用美白美容液です。

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎ、うるおって明るく澄んだ、生まれたての透けるような肌へ導いてくれます。

また、最新の3Dターゲティング処方で、メラニンの生成ルートをあらゆる方向から狙い撃ちして防ぎます。

2位:トランシーノ®薬用ホワイトニングエッセンスEXⅡ

総合評価:4.5

トランシーノ®薬用ホワイトニングエッセンスEXⅡ
通常価格(税込) おためし価格(税込) 容量
4,950円
1,760円
30g
分類 医薬部外品
美白成分 トラネキサム酸
全成分
全成分を見る
トラネキサム酸、トレハロース硫酸Na、ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン液、ヒキオコシエキス-1、桑エキス、D-パンテテインスルホン酸Ca液、セイヨウノコギリソウエキス、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ヒメフウロエキス、ベニバナエキス-1、水、BG、シュガースクワラン、トリオクタン酸グリセリル、飽和脂肪酸グリセリル、ステアリン酸PEG、セタノール、ベヘニルアルコール、ジメチコン、ステアリン酸ソルビタン、水添大豆リン脂質、フィトステロール、ステアリン酸、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

独自の浸透アプローチで角質層まで深く届き、しみの根本原因を抑える美白美容液です。

「トラネキサム酸」がメラニンを作り出す前に働きかけ、シミやそばかすを防いでくれます。

3位:オルナ オーガニック 保湿 美容液

総合評価:4.0

オルナ オーガニック 保湿 美容液
通常価格(税込) おためし価格(税込) 容量
3,054円
-円
47mL
分類 化粧品
美白成分 ビタミンC誘導体
全成分
全成分を見る
水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、プラセンタエキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、セラミドNP、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、オレンジ果皮油、ラベンダー油、ティーツリー葉油、キハダ樹皮エキス、ヒメフウロエキス、ツボクサエキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、ユキノシタエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、カミツレ花エキス、ノイバラ果実エキス、トウキンセンカ花エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、アルテア根エキス、イザヨイバラエキス、ラベンダー花エキス、ボタンエキス、ローズマリー葉エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、ユズ果実エキス、オリーブ果実油、アルガニアスピノサ核油、シア脂、グリチルリチン酸2K、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、スクレロチウムガム、リン酸アスコルビルMg、アスコルビルグルコシド、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-60水添ヒマシ油、キサンタンガム、水酸化K、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、カルボマー、フェノキシエタノール

美容成分と天然成分を含み7つの無添加を叶えた美容液です。

ビタミンC誘導体4種類に加え、コラーゲン3種類・ヒアルロン酸4種類・セラミドなど保湿、整肌成分をたっぷり配合し、キメを整えクリアな肌へと導いてくれます。

シミを改善するコツ

シミを改善するには、スキンケア以外にも食事や紫外線対策など、ちょっとしたコツがあります。

どんなものがあるのか見てみましょう。

シミに大敵!しっかり紫外線対策をしよう!

紫外線対策

やはり、シミになる1番の原因は紫外線です。

夏場や天気が良い日に紫外線対策している方も多いと思いますが、実は曇りや雨・朝や晩・秋や冬でも紫外線は降り注いでいるのです。

そのため、帽子・日傘・サクグラス・日焼け止めなどでしっかり紫外線対策をしましょう。

日焼け止めは、効果を持続させるためにも、2~3時間おきに塗りなおしましょう。

内側からのシミ対策!シミに効く食べ物を食べよう!

食べ物

シミ対策には、スキンケアも必要ですが、内側からのケアもとても大事です。

本来なら、シミができても代謝を重ねて体外へ排出されるのですが、代謝機能が低下していると、メラニンが蓄積されシミとなります。

代謝を促進させるためにも、体内からしっかりケアしましょう!

シミに効果がある栄養素を見てみましょう。
栄養素(効果) 効果 食べ物
ビタミンC ・メラニンの生成を抑制
・メラニンを還元
レモン・アセロラ・キウイ・イチゴ・ブロッコリー
ビタミンA ・メラニンの生成を促進する活性酸素の働きを抑える トマト・かぼちゃ・ほうれん草・小松菜・ニンジン
ビタミンE ・抗酸化作用
・ビタミンCの働きを助ける
アボカド・アーモンド・うなぎ・かぼちゃ
L-システイン ・ターンオーバーの正常化
・メラニンの排出をサポート
大豆・卵・牛肉・大麦

このように、シミの改善に効果がある栄養素を取り入れて、バランスの良い食事を心掛けましょう。

寝ながらシミ対策!しっかりと睡眠を取ろう!

睡眠

新陳代謝を活発にしてくれる成長ホルモンは、寝ている間に最も分泌されます。

そのため、寝不足が続くと成長ホルモンの分泌量が低下し、ターンオーバーが乱れる原因になります。

肌のターンオーバーを促進するためにも、質の良い睡眠をしっかりとりましょう。

ターンオーバーが活発に行われるのは、22~深夜2時と言われています。
そのため、できれば22時までには寝るようにしましょう。

まとめ

今回は、シミに効果がある美白成分について解説させて頂きましたが、いかがでしたか?

シミの種類や、肌の悩みによって効果がある美白成分が変わってきます。

しっかりご自身にあった美白成分を使用し、シミのない若々しい肌を目指しましょう!