大人かわいいを楽しむ美容メディア

白髪染めカラーは【白髪の量と髪質】で選ぶと失敗しない!知って得する色選びのコツ

白髪染めカラーは【白髪の量と髪質】で選ぶと失敗しない!知って得する色選びのコツ

市販の白髪染めを選ぶ時に悩むのが、

”どのカラーを選べば白髪が目立たずキレイに馴染むのか?”ですよね。

コレだ!と選んで使ってみるものの、

結果「ん~・・・なんか思った感じと違うし、白髪もあんまり隠れてない(泣)」

なんて事態に。

そんなことありますよね。私も白髪染めのカラー選び苦手です。選び方のポイントないですかね?

白髪を目立たせないカラーを選ぶには、自分の髪質や白髪の量をちゃんと把握してから色を選ぶことがコツ。

今回は“髪質や白髪量で染め上がりがどう変わるのか””実際白髪が目立たないカラーは何色なのか”を調べてみたので、ぜひ参考にしてみて下さい💡

コツが分かれば染めたのに「逆に白髪が浮いてる」とか「全然染まってない」という悲劇から解放されますよ。

白髪が目立たないカラーって何色?

ヘアカラーのカラーチャート

白髪染めのカラーを選ぶ時に一番悩むのが、色問題。

普通のヘアカラーと違って、あくまで”白髪を染めて目立たせない”という目的が大前提なのでどの色が白髪隠しにオススメなのか調べてみました💡

反対色のピンク・バイオレット系でエレガントに

紫に染めた髪の毛の女性

白髪のおばあちゃんが髪の毛を紫に染めてるの見たことありませんか?

白髪は真っ白に見えて実は少し黄色がかっています。

量が増えると見た目が黄ばんで見えるのであまりキレイとは言えません・・💦

そこで黄色の反対色「紫色」を使ってキレイに見せているんです。

なので白髪には反対色のバイオレットやピンクがオススメ。

ブラウンに少しピンクやバイオレットが入っていると上品でエレガントに見え、オシャレ感もUP☆

赤系のカラーは一番色が入りやすい

赤い髪の女性

日本人の黒髪には元々赤色の色素が入っているので相性も良く、色も一番入りやすいカラー。

カラーチャートで言うと、ウォームブラウンなどが当てはまり艶と深みが出ます。

ただ一度染まった赤みは中々取ることが出来ないので、のちのちアッシュ系などにイメチェンする予定の人は、避けた方がいいカラーでもあります。

アッシュ・オリーブ系でオシャレに白髪染め

アッシュに染めた女性

少しくすんだオシャレなアッシュ系は白髪染めでも人気のカラー。

髪に赤みが残るのが嫌だ!という方は反対色になる緑や青系のアッシュで打ち消しましょう。

暗めの色が多い白髪染めの中でも透明感が出て、軽やかな仕上がりになります。

ブラウン系の白髪染めなら間違いない!

ナチュラルブラウン色の髪の女性

白髪染めにブラウン系が多いのは、白髪と黒髪の両方の色を合わせて差を無くすため。

なので白髪染めのカラーには必ず”ブラウン”の色が入っています。

赤みのあるオレンジブラウンから赤みを抑えたマットブラウンまで種類も豊富で肌馴染みもいいので、どんな人にも似あう万能カラー。

白髪染めも最近は色の種類増えてきたけど、やっぱりおしゃれ染め程のカラバリはないですよね・・おしゃれ染めで白髪って染まらないのでしょうか?

【白髪が染まる仕組み】白髪は黒髪より染まりにくいって本当?

白髪と白髪染め

白髪って真っ白だから何色でもすぐに染まりそうだけど、実際は黒髪より染まりにくいんです。

理由は金属であるカルシウム量の違い。(純粋なカルシウムって実は金属!)

白髪は黒髪よりカルシウム量が少ないので、ヘアカラー剤の発色が悪くなるんです。
※髪の毛内の色々な金属は、ヘアカラー剤の発色や脱色を助ける役割があります。

白髪のカルシウム量比較グラフ

引用:http://www.aujua.com/media/archives/631

脂質量も黒髪と比べて少ないですよ。白髪って色が違うだけかと思ったけど、髪の毛の成分自体変わってしまっているんですね。

染まりにくい分、白髪染めのヘアカラーにはオシャレ染めより染料がしっかり入っています。

おしゃれ染めヘアカラー 白髪染め
脱色力:強い 脱色力:弱い
染料:少ない 染料:多い

白髪染めは白髪に色をしっかり入れるためのものなので、脱色力はヘアカラーに比べて弱め。

なので白髪染めで髪の毛を明るくすることは難しく、染料も多いのでしっかり色が染まり仕上がりが暗めになることが多いんです。

逆におしゃれ染めヘアカラーだと、染料が少ないのでほとんど白髪には色は入れられません。

白髪染めとおしゃれ染めってこんな違うんですね!やっぱ白髪を染めるにはちゃんと”白髪染め”を使わないとけないですね。

白髪染め色選びのコツ①明るさは白髪の量で決める!

白髪が目立つ女性

白髪染めのカラーを選ぶ前にまずは髪の明るさを決めましょう。

なぜなら同じ商品を使っても、白髪の量が違えば仕上がりもかなり変わってくるからです。

白髪量で変わる仕上がりイメージ
白髪量の違いによる染め上がりの違い比較

引用:hoyu

同じ明るさの白髪染めで染めてるのに、白髪量が違えば仕上がりが全然違いますよね。

白髪の少ない人使うと暗めに、白髪が多い人だと明るめになるので、自分の白髪量を見ながらなりたい明るさを選ぶことが大切です。

白髪染めは暗く染めすぎると、次明るくすることが難しいから、希望の明るさよりも1つ明るい番号の色を選ぶと失敗が少ないですよ。

明るさの番号は仕上がりイメージで選ぶ

白髪染めのカラーチャート

市販の白髪染めは番号で明るさが明記されていて、数字が大きくなるほど暗めの仕上がりになります。

自分はどのレベルの明るさがいいのか?と迷ったら、仕上がりイメージで決めましょう。

暗めの色はイヤ!白髪が多少目立っても明るくしたい!

・・・1~3番

ベーシックな色で少し明るい程度でいい

・・・4番

全体が暗くなってもいいからしっかり白髪を染めたい!

・・・5・6番

海外メーカーの商品だと、番号の明るさが日本の商品と逆になっているので注意。

白髪染め色選びのコツ②髪質で染まりやすさチェック

色んな色に染まった髪の毛

カラーの染まり具合って髪質で大きく左右されるって知ってました?

自分の髪質を知っておくと「染まりやすいのか・染まりにくいのが」が分かるので、色選びの時にも失敗しずらいです。

♦髪質は大きく分けると剛毛と軟毛の2種類。

①剛毛(ごうもう)・・日本人に多い髪質。色も黒く1本1本、太くしっかりした髪の毛。ハリ・コシ強めなので、毛量が多く広がってしまいがち。

②軟毛(なんもう)・・猫っ毛とも呼ばれ細く、柔らかい髪質。ハリ・コシが少ないので髪全体のボリュームは少ない。

※美容室に行った時、美容師さんに自分はどんな髪質なのかを聞くと間違いないですよ。

ちなみに地毛が真っ黒な人も、髪の毛のメラニン色素が多いからカラーが染まりにくいです💡

剛毛タイプは染まりにくい

剛毛な髪の女性
剛毛タイプの特徴
  • 美容室で「染まりずらい」と言われ希望の色になかなかならない。
  • セルフカラーをしてもあまり変化が分からない
  • 染めた後は赤みが出やすい。
  • ベージュやアッシュ系の発色が出にくい。
  • 赤みのある色やオレンジ系のカラーが出やすい。

剛毛の人は髪のキューティクルがしっかりしてるので、カラー剤がなかなか髪に浸透しません💦

しっかりしてる分、健康的でダメージも受けにくい髪質だけど染まりにくいのは難点・・。

剛毛の方にオススメなカラーはレッド系やオレンジ系です。

染める時は放置時間長めで白髪染めしましょう。

軟毛タイプは染まりやすい

髪が柔らかいロングの女性
軟毛タイプの特徴
  • 染まりやすいけど色も抜けやすい。
  • セルフで染めるといつも希望より明るくなる。
  • 色落ちすると黄色くなりやすい。
  • 赤系やピンク系は直ぐに色落ちする。
  • 黄味のある色やアッシュ系の色が出やすい。

剛毛タイプの人に比べて軟毛の人はキューティクルが少なく、枝毛や切れ毛などのダメージを受けやすい髪質です。

その分、カラー剤が浸透しやすいけど抜けるのも早め。

黄みも出やすいのでハニーブラウンやアッシュ系のカラーがオススメ

染める時は明るくなりやすくダメージも受けやすいので放置時間は短めを心がけましょう。

※ダメージを受けやすい軟毛の人には、頭皮や髪に優しいトリートメントやシャンプーでの白髪染めもおすすめ👇

「白髪染めトリートメントのおすすめはどれ?」市販でも買える人気商品をランキングで紹介!
「白髪染めトリートメントのおすすめはどれ?」市販でも買える人気商品をランキングで紹介!あっ、ここにも!髪をかき上げた時、目立つ白髪・・・ シワやシミと同様、年々増えてきますよね( ;∀;) 多くの人は市販の白髪...
【白髪染めシャンプー】使う前にデメリットを知るべし!本当に向いてるのはこんな人。
【白髪染めシャンプー】使う前にデメリットを知るべし!本当に向いてるのはこんな人。最近じわじわ注目度が上がってきてる「白髪染めシャンプー」。 シャンプーするだけで白髪が染めれるなんてめちゃくちゃ便利ですよね! ...

自分に似合うカラーの選び方まとめ

ロングヘアーの女性今まで白髪染めを「なんとなく」で選んでいた人は、自分の白髪量や髪質によって合うカラーや明るさを選ぶことが大切だと気付いたと思います。

カラーの選び方を簡単な表でまとめてみたので、次に白髪染めのカラーを選ぶ時に参考にしてみて下さい^-^

剛毛(太い・硬い・真っ黒)
染まりやすさ 染まりにくい。
黒髪部分 赤みやオレンジ系の色が出やすい。
黄み系の色でカラー 発色しにくいので、白髪が浮いて見えやすい。
赤み系の色でカラー 白髪と黒髪の馴染みが良いので、染め上がりがキレイ。
明るさ 染まりにくいので希望より1トーン明るめがおすすめ。
軟毛(細い・茶色っぽい・柔らかい髪)
染まりやすさ 染まりやすい。
黒髪部分 黄味系の色が出やすい。
黄み系の色でカラー 白髪と黒髪の馴染みが良いので、染め上がりがキレイ。
赤み系の色でカラー 赤みには染まるけど色持ちは悪い。
明るさ 染まりやすく明るくなりやすいので希望より1トーン暗めがおすすめ。

市販のおすすめな白髪染めが知りたい方はコチラ👇

「市販の白髪染めおすすめ」初心者でもよく染まって長持ちするのは?ランキングで紹介
「市販の白髪染めおすすめ」初心者でもよく染まって長持ちするのは?ランキングで紹介白髪の悩みは30代に突入するとグンとUP。 白髪がチラチラ見えるだけで、鏡を見る度ガックリしますよね・・・。 どんどん数えき...

このポイントを抑えれば白髪もキレイに染まる!

白髪染めに使うアイテム

せっかく自分に合う白髪染めカラーが分かったなら、そのカラーをよりキレイに染めるポイントも抑えておきましょう💡

ちょっとしたポイントだけど、仕上がりが全然違ってきますよ。

白髪染めをするときは部屋の温度に気をつけろ!

温度計

ヘアカラー剤は温度によって染め上がりに大きな差がでます。

気を付けないといけないのは冬場⛄

薬剤は室温が20℃~30℃で染める事を基準に放置時間が設定されいます。

なので寒い冬場はどうしても反応が遅くなって染まりにくくなってしまいます。

逆に夏場は室温が高すぎると早く染まるので、時間は短めでもOK。

事前にエアコンなどで室内の温度を調節しておくと、染め上がりのムラを防げます。

染まりにくい部分は先塗り&量多めが基本!

白髪染めをする女性

頭部は部分によって温度差があるので、染まり具合に違いが出てしまいます。

■染まりにくい部分・・もみあげ、えりあし

■染まりやすい部分・・・こめかみ、頭頂部、産毛がある部分

頭の部位別染まり具合

引用:hoyu

染まりにくい部分”や”白髪の気になる生え際”から先に塗りつつ、カラー剤を多めに塗ると、ムラを防いで均一に染めることが出来ます。

最後のひと手間

まんべんなく塗ったら、目の粗いコームでしっかり髪をとかしましょう。髪が空気が触れるのでしっかり染まりやすく、塗りムラも防げます

塗ってから洗い流すまでの放置時間

目覚まし時計

ヘアカラー剤はただ放置すればキレイに染まるわけじゃありません。

髪質や髪のダメージ別に放置時間を変えて行いましょう💡

軟毛や髪が痛んでいる人場合

・・・染まりやすいので、規定の時間より5分短めがおすすめ。

あまり置きすぎてしまうと明るくなりすぎたり、更に髪が痛んでしまう原因になるので様子を見ながら放置時間を調節しましょう。

剛毛の人や地毛が黒い人

・・染まりにくいので、規定時間より4・5分長めの放置がおすすめ。

しっかり染めたいからといって、既定の時間より10分以上長く置いてしまうとキューティクルが痛んで切れ毛や枝毛の原因になるので、放置時間の限度は守りましょう☝🏻

ちょっとした手間ですが、仕上がりが全然違ってきますよ!せっかく時間もお金も使って染めるんですから、美容室帰りの仕上がり目指しましょ👍🏻

【失敗にサヨナラ】もう白髪染めのカラー選びに迷わない!

飛び跳ねて喜ぶ女性

白髪染めのカラーを選ぶ時は、白髪の量と髪質で選ぶと「白髪もしっかり染まって目立たない」事が分かりました。

市販の白髪染めは自宅でいつでも出来て、お財布に優しい庶民の見方💪🏻

そんな白髪染めを上手に使って、いつでも白髪の目立たない素敵な髪色を目指しましょう^^