大人かわいいを楽しむ美容メディア

口コミ検証No.1決定戦☆リキッドアイライナー比較ランキング

口コミ検証No.1決定戦☆リキッドアイライナー比較ランキング

目元の印象は顔全体に大きく影響を与えるもの。手軽に目ヂカラアップさせるには、アイライナーは重要なアイテム。普段プチプラのリキッドアイライナーを色々と使ってきた私が、今回は少し手を伸ばしてコスメブランドのアイライナーに挑戦してみることにしました。さらに、実際に使ってみた3つのリキッドアイライナーを項目別に比較&ランキング!リキッドアイライナー選びのご参考にどうぞ。

リキッドアイライナー 総合ランキング

ルナソル インテレクチュアルリクイドアイライナーN

ルナソル インテレクチュアルリクイドアイライナーN
ホルダー
【コスメリンク価格:8%オフ】1,771円(税込)

リフィル
【コスメリンク価格:5%オフ】1,231円(税込)

【2015.12.18現在】

初心者にも扱いやすい柔らかくコシのある筆で描きやすい。しっかり発色で目ヂカラUPさせつつ、肌馴染みの良い自然な色合いが上品。メイク直し不要で1日中滲まず落ちない実力ながら、リフィル詰め替えでプチプラ並みのお値段で継続できるところが最大の魅力。

2位

ゲラン アイライナー N
【コスメリンク価格:34%オフ】3,380円(税込)
 

【2015.12.18現在】

極細の筆によって、他では描けない繊細で綺麗なラインを描けるアイライナー。しっかりと発色する漆黒カラーに加わる艶感によって上品な仕上がりに。1つの価格は高いけれど、容量たっぷりのボトル式でコスパはプチプラを追い越すほど長持ち。何より、この高級感あるおしゃれなデザインが◎。

【筆の描きやすさ】で比較ランキング

リキッドアイライナー比較ランキング筆比べ

並べて比較してみると、筆の全体的なサイズは、ゲラン→シュウウエムラ→ルナソル(小さい順)。ですが、筆先は、シュウウエムラよりルナソルの方が細く作られており、細い線を引きやすいです。

アイライナーに求める項目として、1番大事なのは描きやすさ。他の機能に優れていても、これが悪ければ、毎日使うのに苦労します。

ここは基本なので、3つとも描きやすさに関しては問題ナシ

rank1ルナソル

【評価】★★★★★

ルナソルインテレクチュアルリクイドアイライナーN筆先

筆先が細く、コシのある柔らかなブラシでとても描きやすいです。リキッドアイライナー愛用者はもちろん、初心者の方でも描きやすい筆質。

ノック式で液が付きすぎないので、インラインや下ラインも綺麗に描くことができます。

rank2ゲラン

【評価】★★★★★

ゲランアイライナーN筆先

かなり極細の筆です。非常に柔らかいため、好みを分ける筆質かもしれません。特に初心者の方には慣れるまで使いにくいことが予想されるため、ルナソルと比較すると2位。

個人的には、ゲランのこの筆でないと描けない繊細なハネ上げラインに惚れ込んでます。細めかつ、しっかりとしたラインを引きたいならゲランはおすすめ。

rank2シュウウエムラ

【評価】★★★★☆

シュウウエムラアイライナー筆先

他の2つと比較すると、筆質が硬くフェルトのような素材。その分安定感があり、初心者の方には1番使いやすいと思います。

ただ、個人的にはまぶたへ優しい印象を受けないことと、ハネ上げが太めになるため3位。

【発色・乾きやすさ】で比較ランキング

リキッドアイライナー比較らンキング発色

手の甲を使って比較してみました。こうしてみると、ルナソルは他の2つと比べて少々水っぽく、茶色がかった色味。シュウウエムラはメタリックが入ることで、グレー寄りのカラー。ゲランは、漆黒。

発色はどれも綺麗で、良い色合いです。さすが、ブランドコスメ。ただ、乾きやすさはそれに反して、少々時間がかかる印象を受けました。

rank1ルナソル

ルナソルアイライナーbeforeafter

【評価】★★★★★

がっつり漆黒アイライナー派の私としては、一見、液が薄く思えて物足りなく感じましたが、顔全体で見てみるとしっかり発色していて目ヂカラアップしてくれます。カラーの名称通り、茶色がかった黒なので肌馴染みがとても良くナチュラルです。

他の2つと比較したとき液がゆるめなので、3つの中で断トツで乾きは良いです。

rank1ゲラン

ゲランアイライナーbeforeafter

【評価】★★★★☆

漆黒カラーで、発色も良いため、がっつりアイライン派さん向き。しかし、艶感が出るためケバケバしい印象は与えません。

極細筆によって、細いアイラインも引くことができるので、ナチュラル派さんでも使える万能アイライナーだと思います。

液がしっかりしている分、少々乾きにくさがあるも、シュウウエムラよりは上位。

rank3シュウウエムラ

シュウウエムラメタルインクアイライナーbeforeafter

【評価】★★★★☆

メタリックカラーが綺麗に発色します。シュウウエムラのラメ入りアイライナーの良いところは、オトナ女子でも使えるナチュラル仕上げなところ。画像では普通のブラックラインに見えますが、程よいパール感が加わるため、目元が華やぎます。

乾きやすさについては、ラメ入りということもあり少々乾きにくいため、最下位。

【滲みにくさ】で比較ランキング

リキッドアイライナー比較ランキング滲みにくさ

手の甲を使って比較してみました。水をかけたあと、ティッシュオフしたものが右の画像。ゲランはほとんど落ちてしまい、水に弱いことが分かります。シュウウエムラは一切ダメージを受けておらず、ルナソルはほんの少し薄くなった程度。

メイク直しすれば済むこととは言え、常に鏡を見るわけにも、常にアイラインを引き直すわけにもいきません。1日メイク直しせずに済むなら、それが理想。

気付かない間に、目の下が黒くなるようなアイライナーだけは避けたいところ。

rank1シュウウエムラ

【評価】★★★★★

乾くのには多少時間がかかるも、乾いてしまえばこっちのもの!1日中、ヨレたり滲んだり消えることもありません。なので、メイク直しも不要。

画像をご覧の通り、水をバシャバシャとかけて、コットンでオフしても落ちないほどの強さです。

rank1ルナソル

【評価】★★★★★

ルナソルは、滲まないことがポイントの一つ。口コミで評判の通り、滲みません。シュウウエムラと同様、メイク直しも不要で、水をかけてみてもほぼ落ちませんでした。

さらにこちらは、まぶたを労わるトリートメント成分が配合されていて、滲まないのに肌にも配慮されていて好感度が高いです。

rank3ゲラン

【評価】★★★★☆

汗や水に触れなければ、メイク直しせずとも夜までキープしてくれます。しかし、汗や水の耐久性の無さは、他の効果が良いだけに非常に残念。

汗や涙に触れてしまうとアウト。フォローしようもなく、この項目で最下位です。

【クレンジングのしやすさ】で比較ランキング

日中頑張ってキープしてくれたアイラインに、さらにクレンジングのしやすさを求めるのは贅沢かもしれませんが、少なくとも専用リムーバーで落とせないなんてものは絶対使いたくありませんよね。

幸い、3つともコットン・綿棒を使い専用リムーバーで落とせば、難なく落ちました。ただ、やはり滲まないものは落とすのにある程度時間が必要ですし、滲みやすいものは、クレンジングは楽です。

rank1ゲラン

【評価】★★★★★

ウォータープルーフではないので、クレンジングのしやすさは1位です。日中のメイク直しの手間を取るか、クレンジングの手間を取るか…。

rank1ルナソル

【評価】★★★★☆

口コミでは、クレンジングも問題ないという方と、落ちにくいという方と両方の意見が。

私は、敏感肌用のオーガニックのポイントメイクリムーバーを使用していますが、問題なく落ちます。オーガニックなので洗浄力はそれほど強くないですが、落ちます。

落ちにくいという方は、まずお湯で目元を濡らし、コットンオフしたあと、リムーバーでコットン・綿棒を使用して落としてみてください

rank3シュウウエムラ

【評価】★★★★☆

上記の方法で問題なく落ちるのですが、フィルムのようにボロボロと固まって剥がれていく感じが個人的に苦手なため、3位。

さらに、アイラインの液を付けすぎていると少々落ちづらいときも。

【コスパ】で比較ランキング

プチプラコスメに慣れていると、ハイブランドの価格には思わず尻ごみ。分かります。

でも、いざ使ってみると、案外プチプラと同等もしくは安くつく場合もあることが判明。

rank1ゲラン

【評価】★★★★★

ゲラン アイライナーN #01

ゲラン アイライナー N

コスメリンク価格:3,380円(税込) << 34%オフ >>
【2015.12.18現在】

単価はとっても高いです。でもコスメリンクなら34%オフ

さらに、基本的にコスパの良いボトル式で、こんなにたっぷり容量が入っているので、間違いなく持ちはいいです。

実際口コミでも、1年半~2年持つとの声がありました。それなら、プチプラのホルダー式アイライナーよりお安くつきます。

rank2ルナソル

【評価】★★★★★

ルナソル インテレクチュアルリクイドアイライナー ホルダーN

ルナソル インテレクチュアルリクイドアイライナーN

コスメリンク価格:1,771円(税込) << 8%オフ >>

ルナソル インテレクチュアルリクイドアイライナーN レフィル
ルナソル インテレクチュアルリクイドアイライナーN レフィル

コスメリンク価格:1,231円(税込) << 5%オフ >>
【2015.12.18現在】

ルナソルは、リフィルの価格がプチプラコスメ並みというところも人気の理由。ホルダー式なので、1つの持ちはボトル式のものには劣りますが、価格がお安いのは助かります。

rank3シュウウエムラ

【評価】★★★★☆

シュウウエムラ メタルインクアイライナー
自然なラメ入りアイライン☆【シュウ ウエムラ メタルインク アイライナー】の口コミを検証&体験レビュー

コスメリンク価格:2,721円(税込) <<25%オフ>>
【2015.12.18現在】

シュウウエムラのいいところは、ホルダー式と見せかけてのボトル式というところ。持ち運びもしやすく、ボトル式によってコスパも良いです。

ですが、他の2つがさらに魅力的なコスパだったので3位。

【カラーバリエ】で比較ランキング

普段使いにはブラックやブラウンが主流。しかし、ブランドコスメにしかないグレーやネイビー、鮮やかなカラーアイライナーの虜になる人多数。

ブラックを試したあとにはもう1色と欲しくなるカラー展開の豊富さでランキングしました。

rank1シュウウエムラ

シュウウエムラメタルインクアイライナーカラーバリエ

【評価】★★★★★

シュウウエムラのメタルインクアイライナーは、鮮やかカラー展開が人気です。思わず集めてしまいたくなる豊富さに、メイクが楽しくなること間違いナシです。

カラフルで発色はいいけれど、ギラギラしすぎていないメタリックが◎。1本使うと、もう1本と欲しくなるアイライナーです。

rank1ルナソル

ルナソルカラーバリエ

【評価】★★★★☆

デイリーに使えるシックなカラーが3色。口コミを見ると、特に人気なのはブラックとグレー。

プチプラでは実現できない絶妙な色合いに惚れ込んでいる方々が多くいました。私もその内の一人。次はグレーを購入予定。

rank3ゲラン

ゲランアイライナーNカラーバリエ

【評価】★★☆☆☆

口コミを調べると、以前はゴールドやネイビーなどもあったようですが、現在は2色のみ。

さらにおすすめのコスメリンクではブラックしか取扱いがありません。なかなか定価での購入は厳しい…。

【ケース・持ち運び】で比較ランキング

どれもブランドのものなので、ケースのデザインに関しては文句のつけようなく完璧。ここでは細部にわたる工夫と持ち運びでランキングしました。

個人的には、ゲランのデザインにはそれだけで満足するほど魅力的なのですが…!

rank1シュウウエムラ

シュウウエムラアイライナーケース持ち運び

【評価】★★★★★

こちら、ホルダー式と見せかけてのボトル式。この仕組み、シュウウエムラのアイライナーで1番気に入ったところと言っても過言ではないかもしれません。持ち運びにも便利ですし、ボトル式によりコスパが良くなっています

デザインはごくシンプル。シュウウエムラのロゴが小さいけれど、存在感があります。

rank1ルナソル

ルナソルインテレクチュアルリクイドアイライナーNケース持ち運び

【評価】★★★★★

ルナソルデザインのブロンズカラーが上品です。ホルダー式にしては、横幅がありますが、ポーチで嵩張ることなし。

キャップは回して開け閉めするタイプで、手間に思うこともありますが、乾燥防止として◎。

rank3ゲラン

ゲランアイライナーNケース持ち運び

【評価】★★★★★

個人的にデザインは、断トツで好きです。デザインだけなら絶対1位!というくらいには惚れ込んでいます。

ただ、このハイデザインゆえの持ち運びなど機能性の低さは評価するに辺り見逃せず…3位という結果に。他2つと比較すると、ポーチが嵩張りますし、ガラス製なので少し重いです。

今回使ったコスメ一覧

ルナソル インテレクチュアルリクイドアイライナーN

ルナソル インテレクチュアルリクイドアイライナーN

シュウウエムラ メタルインクアイライナー

自然なラメ入りアイライン☆【シュウ ウエムラ メタルインク アイライナー】の口コミを検証&体験レビュー

ゲラン アイライナー N

ゲラン アイライナー N